メインページに戻る
Japan Blog

ダイバーシティ & インクルージョン

お花見



桜の木の下で夜の花見会をしている方の様子を示す画像。

なんとなく毎年恒例になりつつある社内の「有志」によるお花見。今年も行って参りました。

去年は仲良しメンバーの 15 人くらいで芝公園にぶらっと行って、誰かのうちでピザ、というやる気のなさでしたが、今年は人数が倍以上なのでちゃんと計画を立てることにしました。どういうわけか、毎年、この時期に日本への出張者が多い気がするのは気のせい?

大騒ぎの末、結局、当日の朝になって場所を決定。朝一番で屋台をまわり、急なお願いにもかかわらず、桜の下に 30 人の席を確保してくださるお店を発見。持ち込みも OK ということなので、とりあえずワインを何本も持ってお花見会場へ。今回の出張が日本初体験のメンバーもいて、ずらっと並んだ屋台の数と、めずらしい食べ物に興味津々。屋台のお姉さんたちがどんどんだしてくるもつ煮と焼き鳥で、持ち込んだワインもどんどん減り、ビールと熱燗が追加されていきます。

夜桜の風景でを示す画像。

国はもちろん、部署も様々なメンバーが大人数で一緒に出かけるのは、気分も盛り上がって楽しいもの。リフレッシュしたら、新しい視点でものを考えることもできるかも。同時に、他の国のメンバーが日本の生活や風習を体験するのも大切なことです。今回桜の下で熱燗を楽しんだ皆から、また新しいアイデアが浮かんでくるかもしれません。しかし、誰も桜を見なかったような気が…。