メインページに戻る
Japan Blog

ダイバーシティ & インクルージョン

テレワーク月間に合わせて、働き方改革を応援する 3 つの施策、「 Google テレワークトライアル」を実施します



Google は、2014 年より、テクノロジーを活用した柔軟で効率の良い働き方を支援するプロジェクト Womenwill を通じてパートナー企業・団体の皆様と共に働き方改革に取り組んできました。その一貫として、在宅勤務や業務効率化などに各企業の皆様と一緒にトライして効果検証と実践的なノウハウの発信を行う「 未来の働き方トライアル 」を行い、その成果を元に、今年の 7 月 24 日の「 テレワークデイ 」ではテレワークに取り組む企業の皆様に、具体的なノウハウやツールの活用方法をお伝えする「 Google Telework Day Package 」を提供し、テレワークを始めるためのきっかけとしてご活用いただきました。

今回の「 Google テレワークトライアル」では、さらに多くの皆様にテクノロジーを活用した柔軟な働き方を体験していただくため、11 月 1 日から 30 日まで行われる「テレワーク月間」に合わせて、働き方改革を応援する 3 つの施策を実施します。

Google テレワークトライアル プログラム内容

1. テレワーク空間:実際に体験する機会の提供

・テレワークトライアル施設 Google テレワークラウンジ
・テレビ会議システム Chrome devices for meetings の貸出し、Google の企業向けクラウド型グループウェア G Suite のデモアカウント提供、スピード、セキュリティ、シンプルさを追求し、クラウド利用に最適化したパソコン Chromebook の貸出し

2.  テレワーク調査:ニーズのヒアリングや効果測定
・テレワークに関するニーズ、利用意向などに関する事前調査
・テレワークラウンジ利用企業、利用者への調査

3. テレワーク促進:普及に向けての活動やセミナー
・テレワーク啓発動画の配信
・テレワークラウンジにて、働き方改革のノウハウを共有する各種セミナーの実施

Google テレワークラウンジ 概要

場所:六本木ヒルズノースタワー 1F / 屋外スペース
期間:2017 年 11 月 1 日〜 11 月 30 日
          平日 9:00 - 17:30 / 土日祝日 10 : 00 - 17 : 30 ※セミナー時間を除く
対象:テレワークを体験してみたい企業、団体、個人
(どなたでも無料でご利用いただけます)
内容:


“体験する” 
テレワークの形態の 3 分類「モバイルワーク」「在宅勤務*」「サテライトオフィス勤務」に合わせた 3 つのゾーンにて、実際に業務を行っていただくことが出来ます。テレビ会議システムを常設したミーティングルームや、個室のプライベートブース、リビングのような環境で働く体験ができる場所などを用意します。
*在宅勤務エリアでは子ども連れでお使いいただけます。

“学ぶ” 
平日の夜には、テレワーク導入の課題をはじめとするテーマにて、有識者や企業の方をお招きしてセミナー、トークセッションを開催。具体的なノウハウや関連トピックについて学ぶことができます。

利用方法: g.co/womenwill/telework よりご確認ください。

テレワーク導入の課題をはじめとするテーマにて、有識者や企業の方をお招きしてセミナーやトークセッションの撮影エリアを示す画像。

テレワーク 事前調査

Google テレワークトライアルの一貫として、テレワークの認知や実施状況に関する調査を 2017 年 10 月に行いました。以下は同調査結果の抜粋です。

・テレワーク認知状況:「テレワークという言葉を聞いたことがある」割合は 75 %「内容まで知っている」割合は 36 %
・テレワーク実施状況:「テレワークが会社で認められている」割合は 18 %
・テレワーク実施頻度:テレワークを実施している層の 59 %が週に一度以上実施している
・テレワーク実施継続意向:「テレワークを週に一度以上実施している」層の 91 %が「今後も継続したい」と回答
・現在テレワークを実施している層の 20 代~ 40 代においては、それぞれ約 3 割程度の実施率と、同年齢層間での大きな違いはなかった。また、実施している層の 61 %を男性が占めた。


より詳細な調査結果は こちら からご覧いただけます。

Google では、引き続き、テレワークをはじめとするテクノロジーを活用したスマートな働き方への改革をサポートしていきます。