メインページに戻る
Japan Blog

デベロッパー

Google Developer Day 2008 Japan 閉幕



デベロッパーイベント「Google Developer Day 2008 Japan 」が昨日開催されました。
多くのデベロッパーの方々にご来場いただき、活気に満ちた一日となったの模様をお伝えします。

基調講演

午前中は基調講演にて、Google の最新テクノロジーをご紹介しました。来日した Andy Rubin は Android 端末を持参。最新のモバイルアプリケーションの数々を披露しました。その他にも、Google I/O で発表されたばかりの Google Earth API のデモが紹介され、Google のテクノロジーの可能性が分かりやすく紹介されました。また、辻野 晃一郎からは API Expert プログラムが発表され、今後日本のデベロッパーの皆様を Google が応援していくことが語られました。

「Google Developer Day 2008 Japan 」でAndroid についてプレゼンテーションをする方の画像。

セッション

午後には、最新のテクノロジーや事例を紹介する 16 のセッションが行われました。立ち見が出るほどの人気のセッションも多く、活況を呈していました。

コードラボ

今回の Developer Day の目玉企画でもある 3 つのコードラボには、それぞれ事前に登録したデベロッパーの方々が訪れ、活発なディスカッションも交えながらアプリケーション開発に挑戦されていました。また、お互い初対面であったにもかかわらず、参加者同士の交流も相当深まったようです。

会議室でパソコンを使いながら話している5人を示す画像。

Ask The Expert

基調講演で発表された API Expert プログラムの要となる、エキスパートの皆様による QA セッションを開催しました。Q&A には行列ができるほど質問希望者がいらしたため、すべての方の質問をお伺いすることはできませんでしたが、今後はエキスパートの方々が運営されるコミュニティに参加し、オンラインで質問いただければと思います。

ソーシャルトーク

全てのセッションを終えた後にはデベロッパーの方々とGoogle のエンジニアが交流するパーティーを開きました。コードラボで交流を深めた参加者同士が Google のエンジニアやエキスパートを交えて歓談をする様子も見られ、Developer Day で一番の活気と熱気に満ちたイベントとなりました。

Google Developer Day は日本を皮切りに、10 月下旬に開催されるモスクワまで世界を巡ります。

残念ながら本日ご来場できなかった方は、後日公開されるレポートや YouTube の映像で Google Developer Day の雰囲気をお楽しみください。