メインページに戻る
Japan Blog

デベロッパー

Google App Engine をはじめてみよう



"Google App Engine Java の色々な機能を、実際にコーディングしながら体験してみよう" という主旨のもと、Google App Engine for Java のコードラボをこれまでに3回開催してきました。Java を使った Web アプリケーションの開発経験はあるけれども、App Engine は初めてという方向けで、毎回、即日定員に達してしまう人気コースです。

このコードラボで利用している教材は、GTUG のメンバーとGoogle のソフトウェアエンジニアたちが共同で作り上げたものです。コース設計からドキュメントの制作、コース参加者のフィードバックを反映するなど、さまざまな面でGTUGメンバーの惜しみない協力をいただきました。

Google App Engine Code Lab for Javaと書いてあり、書類のイラスト画像。

そして、いよいよこのコース教材「Google App Engine Code Lab for Java」を一般に公開することになり、3月11日に開催した「DevFest 2010 Japan」で発表しました。教材は、こちらから得ることができます。現時点では日本語のみの提供となります。

(今後、教材の英語化やさらなる改良を行う予定です。)

Google App Engine Code Lab for Java は、Google App Engine の基本機能を1日で理解することを目的とした教材です。全 9 章から構成され、ブログサイトを作るという例題に対して、コーディングを通じて必要な機能を段階的に学ぶスタイルでコースは進みます。

  • Chapter 1 Eclipse Plug-in Deployment
  • Chapter 2 Write in Datastore
  • Chapter 3 Read and rewrite Datastore
  • Chapter 4 Authentication with Google Account
  • Chapter 5 Adding Tag to blog / List Property
  • Chapter 6 Comment/SMTP
  • Chapter 7 Cache
  • Chapter 8 URL fetch
  • Chapter 9 Image Manipulation

Google App Engine が提供する様々な機能をこの教材を使って学んでください。
また、中級者以上の方ならこの教材を利用して自分で講習を開くことも可能です。
さあ、トライしてみませんか?