メインページに戻る
Japan Blog

デベロッパー

Google Code Jam 2010でプログラミングの腕を競ってみませんか?



困ったことになりました。あなたはx種類の株の株価の変動を折れ線グラフにして新聞に載せるように頼まれています。新聞のスペースを節約するため、1つのグラフの上に複数の株価の情報を載せることでグラフの数はできるだけ少なくしたいのですが、紙面で見にくくなってしまうのを避けるため、1つのグラフ上に交差するような折れ線を描いてはいけません。株価の変動データが与えられたときに、全ての株価のデータを表示するためには、少なくともいくつの折れ線グラフが必要でしょう?

パズルを解くのは好きですか? 脳みそをフルに働かせて問題を解いてみたいと思いませんか? 世界中に散らばるプログラマと腕を競いあってみませんか :-)

Google は、2003 年から年 1 回 Google Code Jam を開催してきました。このコンテストには社会人や学生のプログラマが参加し、限られた時間の中でアルゴリズムの難問を解いていきます。昨年は 23,000人の参加者たちが Google Code Jam チャンピオンの座をかけて競い合いました。そして、中国の Tiancheng 氏(nicknameはACRush)が 5 ラウンドにわたる激しい勝負を制して頂点に立ちました。

ちょっと興味が湧いてきましたか? 実は現在登録を受け付けているところです(登録は予選終了時間まで)。そして、腕試しをしたい人たちのために、過去の問題も公開しています。Code Jam 事務局としては、事前にしっかり練習をしておくことをお勧めします。周りの参加者は本気で勝ちにきていますよ! そういえば、今年は例年とは違うことが一つあります。決勝戦は Google のダブリンオフィスで開催されます(リンク先は英語ですが、Googleのオフィスの様子が見られます)。

予選では、日本時間で 5 月 8 日の午前 8 時から 24 時間の間に数問を解いていただきます。4 回のオンラインのコンテストを経て、世界の Top 25 人がダブリンオフィスに招待されます。目指すは Code Jam チャンピオン! 優勝者には賞金 $5,000 も与えられます。

P.S. そういえば、最初の”株価のグラフ”についての問題はもう考えてみましたか? プログラムを書き上げたら、Code Jam のウェブページで正解かどうか確認することができますよ。問題を解いて答えを投稿する方法は、以下のチュートリアルで学ぶことができます。コンテストで勝ち上がるために、参考にしていただければ幸いです。

Google Code Jam 2009 のチュートリアル動画。
10:25