メインページに戻る
Japan Blog

デベロッパー

GDD 2010 デベロッパーサンドボックス 募集のお知らせ



Google I/O 2010 の様子を示す画像。

(※写真は、Google I/O 2010 の様子です)

Google Developer Day での注目コーナーの一つが”デベロッパーサンドボックス” です。デベロッパーサンドボックスとは、Google の開発者向けツールや API を利用したアプリケーションや技術を、直接ご紹介頂くショーケースです。多数来場されるデベロッパーとの直接的なコミュニケーションを通じて、今後の開発のアイデアを磨く場としてご活用下さい。

今回、GDD 2010 Japan では、Android, AppEngine, Maps API, GWT, Chrome, HTML5, Google APIs, Enterprise, SocialWeb, Google Wave をテーマに出展作品を募集します。出展をご希望される方は、以下の応募概要をご覧の上お申込みください。

■日時 2010 年 9 月 28 日 ( GDD 2010 会期中)

■場所 東京国際フォーラム

■出展条件

  • 出展されるものは、Google の開発者向け API やツールを利用した技術であること
  • 選考にあたっては展示される技術の有用性、新規性を重視します
  • 個人・団体・法人・学校、国籍を問わず応募可能です
  • 参加費は無料です
  • 各出展者に対して 1 つのブースが割り当てられます。各ブースには幅 1,800 mm ×奥行 600 mm ×高さ 700 mm のテーブル、電源、ネットワークを用意します
    (※ テーブルの大きさなどは変更になる可能性があります)
  • ブース内では、説明者が展示したパネル、ビデオ、パンフレット、アプリケーションなどを用いて、来場者に説明・ PR 等を行っていただきます。ブースは、分野ごとに大別して配置します

■出展技術分野

Android, AppEngine, Maps API, GWT, Chrome, HTML5, Google APIs, Enterprise, SocialWeb, Google Wave の内、少なくとも1つを含むものとします
※出展技術分野は申込フォームにて選択していただきます

■応募方法

申込フォーム に必要事項を記入してください。
応募申込締切:2010 年 7 月 15 日(木)

■選考方法

募集締切り後、Google 社内にて書類審査を行い、 7 月下旬から 8 月上旬にかけてご本人または代表者宛に審査結果を通知をいたします

■お問い合わせ: Google Moderator にて受付け


デベロッパーの皆様が開発された先進的な技術をデベロッパサンドボックスで紹介してみませんか?

Google Developer Day に関する最新情報は公式サイトに加えて、「Google Code Site Group Japan」でもお届けします。さらに Twitter アカウント:@googledevjp のフォローもお忘れなく。ハッシュタグは #gdd2010jp をお使いください。

注:GDD 公式サイトの URL は

http://www.google.co.jp/events/developerday/2010/tokyo/ に変わりました。