メインページに戻る
Japan Blog

デベロッパー

Google Developer Day 2010 アジェンダのお知らせ



いよいよ Google Developer Day 2010 Japan まで一ヶ月を切りました。本日、セッションのアジェンダを公式サイトにて公開しました。

今年のテーマは以下のとおりです:

  • Android - ますます成長を続ける Android プラットフォーム。Google Developer Day のセッションでは、 Android のパフォーマンス、ユーザーエクスペリエンス、アプリを作る上での注意事項をお知らせします。
  • Chrome & HTML5 - Chrome Web Store ローンチに向けた予備知識と理想的なウェブアプリケーションのあり方、実装方法やパフォーマンス改善方法についてご紹介します。また、HTML5 のアップデートおよび HTML5 を使ったデザイン、Chrome Developer Tools についてお話します。
  • Cloud Platform - Google I/O での発表から更に進化した App Engine の最新情報をお伝えします。 App Engine for Business, Spring integration, Google Web Toolkit, Google Storage for Developers, BigQuery そして Prediction API と盛りだくさん。サンプルコードやパフォーマンス改善方法などをご紹介します。

基調講演と一部のセッションは日本語の同時通訳を予定しています。また、Google の開発者向けツールや API を利用したアプリケーションや技術を直接ご紹介頂くショーケース”デベロッパーサンドボックス”、そして Google の社員や API Expert に直接ご質問頂くことができる”オフィスアワー”の時間を設けております。

Google Developer Day に関する最新情報は公式サイトに加えて、「Google Code Site Group Japan」でもお届けします。さらに Twitter アカウント:@googledevjp のフォローもお忘れなく。ハッシュタグは #gdd2010jp をお使いください。