メインページに戻る
Japan Blog

デベロッパー

Google ビルディングメーカー が 1 周年を迎えました



建物の 3D モデルを、マウスひとつでかんたんに作成でき、Google Earth 上に追加できるツール「Google ビルディングメーカー」 が、10 月13 日で提供開始から 1 周年を迎えました。これまで多くの方のご協力により、101 の都市の 3D 地図がより充実したものになりました。この場をお借りして、熱い心で支えてくださったコミュニティの皆さまにお礼を申し上げます。

Google Earth は、航空写真と衛星写真を組み合わせることで、シームレスな世界地図をすべての人に使っていただこうと考えて開発してきたものですが、Google ビルディングメーカーをお使いの方の多大なご貢献により、この地図の上にリアルな 3D の世界が作られつつあります。

日本でも、本当にたくさんの方にお使いいただています。実は、3D モデルが作成できる都市の中で、最も多く建物が作られたトップ 10 のリストのうち、実に 5 つが日本の都市でした。さらに、トップ 3 の中には、広島と名古屋が含まれています。これまでに合わせて 5000 棟以上の建物が、日本のコミュニティの皆さまにより作成され、日本の都市を美しい 3D イメージで彩るようになりました。

Google マップの 3D イメージを示す画像。

まだビルディングメーカーをお試しになっていない方は、ぜひこのツールを使って、航空写真から 3D の建物を作ってみてください。私もファンのひとりとして、時間を見つけては使っていますが、航空写真からビルの枠線を辿り、マウスだけの作業を何回かすると、すぐに建物ができてしまいます。日本で 3D になっていない場所はまだまだたくさんあります。皆さんのお住まいの街、母校(私も懐かしの母校のモデルを作りました)、思い出のある建物や旅行先で宿泊したホテルなどを、3D で再現してみてはいかがでしょうか。皆さんの作った建物は、一定の基準を超えたものは実際にGoogle Earth に採用させていただきます。ぜひお試しください