メインページに戻る
Japan Blog

セーフティ & セキュリティ

Google アカウントをもっと使いやすく



数年前 、Google はプライバシーとセキュリティの設定を 1 か所に集め、ユーザーが適切なオプションを簡単に選択できるようにしました。提供開始以来、数十億人のユーザーが Google アカウント にアクセスしており、現在、毎日 2000 万人を超えるユーザーが同ツールを利用しています。

本日、 Google アカウント にいくつかの機能改善を行いました。これらのアップデートには、Google アカウントの操作性の向上に加え、セキュリティおよびプライバシー オプションをよりわかりやすくした他、Google アカウントに紐づく情報の詳細な一覧(個人情報、端末、支払い方法、購入履歴、購読、予約、連絡先など)が含まれます。新しい Google アカウントは、Android 端末でまず利用可能で、今年後半にかけて、iOS 及びデスクトップでもお使いいただけるようになります。

Google アカウントの「ホーム」タブの画面を示す画像。
Google アカウントの「個人情報」タブと「お支払いと定期購入」タブの画面を示す画像。

知りたい項目を見つけやすく
情報の確認や設定をより簡単にするために検索機能を新たに Google アカウント に追加しました。パスワードの変更方法や確認したい項目、アカウントに関する設定を簡単に検索して見つけることができます。どう対処していいかわからない問題が起きた時には、新しいサポートページをご活用ください。アカウント容量のアップグレード方法といったよくあるタスクに関するヘルプを探したり、コミュニティエキスパートにアドバイスを求めることができます。

Google アカウント に追加された検索機能を示す画面の画像。

プライバシーおよびセキュリティ情報をもっと使いやすく
データやプライバシーにおいて万能薬のようなソリューションは残念ながらありません。しかしながら、もっとわかりやすく、情報を管理しやすくするために、新しい Google アカウントでは、より直感的で、ユーザーテストに基づいたデザインを採用し、すべてのプライバシーに関連する選択肢を簡単に確認できるようにしました。データとカスタマイズ タブから、素早くアクティビティ管理にアクセスし、Google アカウントに紐付けて保存するアクティビティデータの種類を選択することで、Google の製品をお使いいただく上ので利便性を高めることができます。また、プライバシー診断を利用することで、現在の設定が Google サービス全体でユーザー体験にどのように影響しているかを確認したり、設定を変更することができます。

プライバシーとセキュリティ情報を使いやすく示す画面の画像。

昨年 10 月 に セキュリティ診断 をアップデートし、アカウント セキュリティの概要およびユーザーごとの推奨事項を表示するように変更しました。新しい Google アカウント は、セキュリティ向上のためにできることが検出された場合にわかりやすい通知を表示します。たとえば、使用しなくなった古い端末からのアカウントの削除や、アカウントデータへのアクセスを許可された未確認のアプリの削除など、ユーザーができる対策をおすすめします。

Google アカウントが検出された場合にわかりやすい通知を表示する画面を示す画像。

ユーザーが一人ひとりが、ご自身のニーズにあった内容でアカウントの管理ができるよう、Google は今後も必要な機能の提供に注力していきます。これまでも Google は、情報の理解、保護、管理を容易にするためのツールをユーザーに向けて提供してきました。セキュリティやプライバシーに関するニーズの変化にあわせ、Google はこれらの重要なツールの継続的な改善に尽力し、ユーザーのみなさんが、お使いになる Google サービスを適切に管理できるよう努めて参ります。