メインページに戻る
Japan Blog

セーフティ & セキュリティ

Google ウェブレンジャー グランプリ賞 決定!!



Google が主催する ウェブレンジャープログラム は、その年の「ミッション」に沿って、中学生や高校生たちが、インターネットを安心・安全に利用するために、様々なアイディアを絞ります。

Google ウェブレンジャーのロゴの画像。

日本で 3 回目の開催を迎えた今年の ミッション は、「ネットいじめ」、「ネット詐欺」、「ネット上の出会いトラブル」から地球を救うためのクリエイティブな動画(3分未満)を作成すること。 2018 年 3 月 16 日に応募を開始し、10 月 1 日までに、全国から 42 校(中学校 9 校、高校・高等専門学校 33 校)、478 チーム、1000 人を越える学生が参加、485 点の作品が集まりました。

応募作品は、Google 社員および特別協力・協力・後援団体で構成する外部審査員と、特別審査員として参加した YouTube クリエイターの フィッシャーズ による厳正な審査のもと、以下の通り各賞を決定しました。

2018 年 Google ウェブレンジャーの集合写真画像。

2018 年ウェブレンジャープログラムのグランプリ賞に輝いたのは洛陽総合高等学校(京都府)「サイバースルゥース」チームが作成した「 高校生探偵川口の事件録-ネットいじめ編- 」。探偵ドラマに当てはめながら、ネットいじめにおける言葉の暴力を映像で巧みに表現しました。

洛陽総合高等学校「サイバースルゥース」チームが話している様子を示す画像。

洛陽総合高等学校「サイバースルゥース」チーム

グランプリ受賞作品:「高校生探偵川口の事件録-ネットいじめ編-」の動画。
10:25

グランプリ受賞作品:「高校生探偵川口の事件録-ネットいじめ編-」

アンバサダー賞を受賞した10 チームは以下の通りです。

また、カリタス女子高等学校(神奈川県)「tryりんがる」チーム は、アンバサダー賞に加え、 UUUM 賞を受賞されました。

審査委員長 Google 執行役員 公共政策部 杉原佳堯 のコメント

「受賞チームの皆さん、おめでとうございます。今回、受賞された皆さんは、正解のない問題に対して、それらをしっかりと自分ごとに落とし込み、それぞれにクリエイティブな解決方法を提示しました。グランプリ賞を受賞した『サイバースルゥース』チームは、問題と解決のためのアイディアを、非常にわかりやすく明確に動画として表現した点が素晴らしかったと思います。今、自分の心にある気づきを大切に、そして、発信していくことを続けて下さい。」

受賞された皆さん、本当におめでとうございます。グランプリを受賞した「サイバースルゥース」チームは、米国の Google 本社で開催する研修プログラムにご招待致します。

ウェブレンジャー諸君、地球の未来は君たちにかかっているぞ。受賞おめでとう!