メインページに戻る
Japan Blog

Chrome

Google Chrome: Dev リリース 2.0.164.0



Google Chrome の Dev チャンネルが 2.0.164.0 に更新されました。

今回のリリースでは、インドで利用されている 5 つのスクリプトがユーザーインターフェース言語としてサポートされています。ただし、これらの言語向けの翻訳はまだ初期段階のものであるため、翻訳に関するバグの報告はしばらくの間控えていただくようにお願いします。

修正内容

  • Facebook のサイドバーレイアウトに関する問題の修正
  • 先週のビルドで既知の問題となっていたヘブライ語およびアラビア語のサイトでクラッシュする問題についての修正
  • Windows Vista で既定のブラウザとした場合のいくつかの問題の修正

このほかの変更点や修正点の詳細については、リリースノート (英語) をご覧ください。

既知の問題

  • スクロール後に IME のウィンドウが現在のテキストエリアから大きく離れた部分に表示される (http://crbug.com/7651 (英語))
  • Web インスペクター (マウスを右クリックして、「要素を検証」で起動される機能) が動作しない (http://crbug.com/7800 (英語))
  • ポップアップウィンドウでのコマンドが正常に動作しない - コンテキストメニューで多くのコマンドが無効化されていたり、リロードやソースの表示が動作しません (http://crbug.com/7615 (英語)、http://crbug.com/7635 (英語)、http://crbug.com/7804 (英語))
  • Web ページの保存が動作しない - 「名前を付けて保存」でダウロードフォルダに保存しようとしますが、実際には Application\2.0.164.0 ディレクトリにファイルが作成されます (http://crbug.com/7616 (英語))
  • ポップアップやタブでページをロードしても、タイトルが「無題」のままになり、アドレスバーで "about:blank" が URL として表示される (http://crbug.com/7625 (英語))

Dev チャンネルについて

Dev チャンネルでは最新の修正を確認し、開発中の新機能にアクセスすることが可能となります。Dev チャンネルおよび登録方法については http://dev.chromium.org/getting-involved/dev-channel/ (英語) をご覧ください。