メインページに戻る
Japan Blog

Chrome

Google Chrome: Dev リリース 2.0.173.1



Google Chrome の Dev チャンネルが 2.0.173.1 にアップデートされました。今回のリリースはクラッシュを引き起こす問題の修正が行われています。

主な修正

  • Foxit reader プラグインに関係するクラッシュの修正 (Issue: 9539 (英語))
  • V8 プロキシリゾルバサポートが既定で有効になるように修正。これによりコマンドラインフラグが無い状態でも動作するようになる (Issue: 9539 (英語)Issue: 74 (英語))
  • レンダリングされた Web コンテンツ向けにローカライズされたフォントファミリーとフォントサイズを追加。これにより、Google Chrome は特定の国際フォントファミリーに対しても大きなサイズの文字を利用可能にした (Issue: 7319 (英語))
  • ページ保存処理をキャンセルした際に発生するクラッシュの修正 (Issue: 9738 (英語))

先週の既知の問題の修正

  • ブックマークを「新しいタブ」ページにドラッグ出来ない (Issue: 9674 (英語))

このほかの変更点や修正点の詳細については、リリースノート (英語) をご覧ください。

既知の問題

  • フォーカスのあたっていないウィンドウでマウスホイールによるスクロールが出来ない (Issue: 9647 (英語))
  • Google カレンダーのウィジェットが適性に更新されない (Issue: 8935 (英語))

Dev チャンネルでは最新の修正を確認し、開発中の新機能にアクセスすることが可能となります。Dev チャンネルおよび登録方法については http://dev.chromium.org/getting-involved/dev-channel/ (英語) をご覧ください。