メインページに戻る
Japan Blog

Chrome

Google Chrome: Dev リリース 2.0.180.0



Google Chrome の Dev チャンネルが 2.0.180.0 にアップデートされました。

本リリースでは、以下のコンポーネントがアップデートされております。

  • WebKit: 530.9
  • V8: 1.2.2.1

主な変更

  • [r14827 (英語)] Omnibox における最初のエントリおよび最後のエントリの表示のための PgUp/PgDn キーのサポート (Issue: 6857 (英語))
  • [r15115 (英語)] Google Chrome が既定のブラウザで無かった場合の通知方法の変更 (Issue: 9049 (英語))
  • [r15702 (英語)] サイトからのポップアップの許可を選択可能に変更 (Issue: 11440 (英語))

そのほかの変更

  • [r14891 (英語)] maps.yahoo.com においてストリートのレベルにズームした際にクラッシュする問題の修正 (Issue: 2044 (英語))
  • [r14731 (英語)] Mohamed Mensour 氏からのプリンターがインストールされていないシステムへのパッチ (Issue: 6835 (英語))
  • [r15020 (英語)] ある HTTPS サイトから別のサイトに移動した際にロケーションバーがフラッシュする問題の修正 (Issue: 11157 (英語))
  • [r15214 (英語)] 新しいウィンドウを開く際の共通の問題の修正 (Issues: 6377 (英語), 6192 (英語), 835 (英語))
  • エクステンション関係の多くの修正 (See r15417 (英語), r15271 (英語), r15310 (英語))

このほかの変更点や修正点の詳細については、リリースノート (英語) をご覧ください。

Dev チャンネルでは最新の修正を確認し、開発中の新機能にアクセスすることが可能となります。Dev チャンネルおよび登録方法については http://dev.chromium.org/getting-involved/dev-channel/ (英語) をご覧ください。