メインページに戻る
Japan Blog

Chrome

Google Chrome: Dev リリース 4.0.222.5 & 4.0.222.12



Google Chrome の Dev チャンネルが更新されました。バージョン番号は、Mac OS X および Linux 版が 4.0.222.5 に、Windows 版が 4.0.222.12 となります。Windows 版が Mac OS X および Linux 版に 1 日ほど遅れての更新となりました。

主な変更点 (Mac OS X 版)

  • [r28121 (英語)] ブックマークバーのサイズ変更時の問題の修正 (Issue: 23949 (英語))
  • [r28145 (英語)] OS X の URL ハンドラーのサポート (Issue: 15546 (英語))
  • [r28260 (英語)] [r28600 (英語)] コンテンツ領域をドラッグした画像などのドロップ先とするように変更 (Issue: 23517 (英語)) (Issue: 19529 (英語))
  • [r28453 (英語)] 「検索エンジンの編集」を Omnibox のコンテキストメニューで有効になるよう変更 (Issue: 2251222648 (英語))
  • [r28505 (英語)] テキストボックスにフォーカスがあたっていない場合、cmd-left/right とバックスペース/Shift-バックスペースで履歴をたどれるように変更 (Issue: 12557 (英語))
  • [r28613 (英語)] テーマに関する多くのバグの修正 (Issue: 22213202951854719851236512433818438 (英語))
  • [r28749 (英語)] 状態バブル (Status Bubble (英語)) が少しの遅れの後にフェードイン/アウトするようにしました (Issue: 24495 (英語))
  • [r28709 (英語)] Google ドキュメントなどで、cmd-s などが動作するようにレンダラーにキーの同等の値が送られるようにしました (Issue: 15090 (英語))
  • [r28813 (英語)] "既定のブラウザ" に関する考えを Google Chrome と Safari とで同意しました (Issue: 24401 (英語))

主な変更点 (Linux 版)

  • クラッシュの修正と UI 上の問題の対応

主な変更点 (拡張/Extensions 関連)

  • [r28095 (英語)] "Load unpacked extension" (および "--load-extension") で拡張をロードした場合、再ロードされても ID が変更されなくなりました (Issue: 21281 (英語))
  • ブラウザアクション (現在のところ Windows のみ)
    • [r28130r28136 (英語)] Canvas の ImageData で画像を動的にセットできるようになりました (Issue: 23269 (英語))
    • [r28115 (英語)] window.close を使ってポップアップを閉じることができるようになりました (Issue: 23832 (英語))
    • [r28187 (英語)] window.close を使ってポップアップを閉じることができるようになりました (Issue: 23833 (英語))
    • いくつかのサンプルの拡張がブラウザアクションを用いるものに書き換えられました (Gmail Checker、Buildbot、Mappy)
    • そのほかのバグ修正
  • [r28135 (英語)] Linux と Mac OS X の上でパッキングができるようになりました (Issue: 20669 (英語))

既知の問題

  • [Mac OS X] Google Chrome のウィンドウの後ろのウィンドウにトラックパッドのイベントが送られてしまう
  • [Mac OS X] タブコンテンツにフォーカスがあたっている場合、Cmd-` が機能しない
  • [Mac OS X] Google Chrome Helper という名前になってしまっている (Issue: 24776 (英語))
  • [Mac OS X] ブックマークのコンテキストメニューから修正や追加が出来ない (Issue: 24828 (英語))

このほかの変更点や修正点の詳細については、SVN 上のリビジョンのすべてのログ (英語) をご覧ください。

Dev チャンネルでは最新の修正を確認し、開発中の新機能にアクセスすることが可能となります。Dev チャンネルおよび登録方法については http://dev.chromium.org/getting-involved/dev-channel/ (英語) をご覧ください。

また、不具合は http://code.google.com/p/chromium/issues (英語) に登録していただき、また、登録したものに追加や変更があった場合には更新するようお願いします。