メインページに戻る
Japan Blog

Chrome

Google Chrome: Mac と Linux 版が公開されました



Google Chrome ウェブブラウザが初めて提供されて以来、Mac ユーザと Linux ユーザは彼らのオペレーティングシステム上で動作する Google Chrome ブラウザの登場を待ち続けていたことと思います。本日、Google Chrome の Mac 用、Linux 用のベータ版が配布開始されたことをお知らせします。

Google Chrome Mac 版 (BETA)

私達 は Mac 版の優れたブラウザを提供できるように努力を重ねました。時間はかかってしまいましたが、待って頂いただけの価値のあるブラウザが完成したと思います。私達は Chrome のシンプルなデザインを損ねないようにしながら、Mac OS のテクノロジーであるパスワード一括管理を行うキーチェーンや、スペルチェック機能等との統合を達成しました。Mac ユーザの方はこちらから Mac 用のベータ版をインストールできます。アイコンがバウンドする暇もなく起動するスピードをぜひ体験してください。

Mac 上でGoogle Chrome の使用でYouTubeが開いてある画面の画像。

Google Chrome Linux 版 (BETA)

Google では殆どのエンジニアがLinuxマシンを使っており、社内でも Chrome の Linux 版に対する要望は相当大きいものでした。Chrome の Windows 版と Mac 版と同様に Linux 版でもスピード、安定性、セキュリティを重視するのはもちろんのこと、Linux のエコシステムと調和するようなハイパフォーマンスのブラウザを追求しました。例えば、ネイティブ GTK との統合や、標準的なパッケージ管理システムによるアップデート等を含みます。

この場を借りてのお礼となりますが、オープンソースコミュ ニティからは多大なる貢献を受けました。特に皆様に Google Chrome Linux 版を提供をするにあたり、50名以上の方達が Chromium に参加していただきました。

Google Chrome Linux 版でChrome ウィンドウを示す画面の画像。

長らくお待ちい頂きありがとうございます。Google Chrome Mac 版と Linux 版をお楽しみいただけることを願っております。