メインページに戻る
Japan Blog

Android

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。 (Ver 0.11.365.10x)



5月も終わりに近づき、半袖で間違いないだろうと思っていたら急に寒くなったりと、天気に翻弄され、日々の服の選択に迷い、鼻水を垂らしながら筆を走らせている今日この頃です。寒暖の差が激しい季節柄、お体にはご自愛ください。

さて、Google 日本語入力の開発版およびそのオープンソース版の Mozc をアップデートしましたので
お知らせいたします。

共通の変更点

  • 入力履歴やユーザ辞書の読み込み・書き込みを非同期に行うことでパフォーマンスが向上しました。(以前のバージョンで修正していました)

Windows 版の変更点

  • ひらがな・カタカナキーが動作していなかった現在の開発版での問題を修正しました。
  • 言語バー上でひらがな・カタカナ入力などをマウスで選択した場合、正しく反映されない現在の開発版での問題を修正しました。

オープンソース版 (Mozc) の変更点

  • 辞書ツールや設定ダイアログといった GUI ツールをオープンソース化しました。辞書に含まれている単語以外は Google 日本語入力と同等の機能が実現されています。
  • かな入力モードを選択できるようになりました。
  • 都道府県名が正しく変換できない問題を修正しました。
  • Google 日本語入力と同様、変換エンジンを別プロセス化することにより、他のインプットメソッドフレームワーク (SCIM 等) と共存しやすくしました。
  • 変換候補をマウスで選択できるようになりました。
  • 入力履歴がディスクに保存されない問題を修正しました。
  • 注意: いずれも Ubuntu 9.10 および 10.04 での動作を確認していますが、Google が動作を保証するものではありません。ビルド方法は Linux Build Instruction を参照してください。

既知の問題

  • Mac版:ベータ版 (0.10.288.1) から今回の開発版 (0.11.365.101) に更新する場合、ログアウトが必要になります。

すでに開発版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。バージョン番号は次のように更新されます。

Windows 版: 0.11.354.100 → 0.11.365.100
Mac 版: 0.11.354.101 → 0.11.365.101

開発版をインストールするには、Google 日本語入力のダウンロードページの下にある「開発版をダウンロード」というリンクをクリックしてください。開発版についての詳細は、「Google 日本語入力に開発版が追加されました。」というブログエントリをご覧ください。開発版では、問題の早期発見のために、使用統計データと障害レポートの送信が常に有効になることをご了承ください。

これからも、Google 日本語入力をよりよくすべく、チーム一同で開発を進めていきます。お気づきの点がありましたら、ぜひヘルプフォーラムからお知らせください。みなさんのフィードバックがなによりの励みになります。