メインページに戻る
Japan Blog

Chrome

追記あり : Music Meets Technology. 音楽 PV を 12 の Chrome ウィンドウで楽しもう



この度、ブラウザ上で楽しめる新感覚のミュージックビデオ、All Is Not Lost を公開しました。最新のウェブ技術を駆使して作られたこの作品は、シカゴ出身のバンド OK Go とダンスグループ兼振付家の Pilobolus、そして Google による共同制作です。

All Is Not Lost のミュージックビデオのタイトルを示す画像。

サイトにアクセスし、トップページにあるメッセージボックスに好きなメッセージを入力して「OK」をクリックしてください。すると、12 のウィンドウが立ち上がり、透明な板の上で自由自在に動きまわるユニークなダンスパフォーマンスの幕が開きます。曲の進行にあわせてウィンドウがサイズや配置を変え、まるで万華鏡を覗いているかのような気分にしてくれます。そして終盤には、メッセージの文字ひとつひとつがダンスで表現されます。視聴後、作ったメッセージ動画のリンクをお友達や家族に送ることができます。

All Is Not Lost は Google Chrome ブラウザーでの閲覧を念頭に、HTML5 やマルチウィンドウ機能を駆使して作られています。 HTML5 の Canvas 技術によってブラウザ上に美しく作画されたダンスパフォーマンスと、ローマ字やカタカナで自由にカスタマイズできるメッセージ機能により、インタラクティブで楽しい音楽体験を実現しています。

ダンスパフォーマンスでカスタマイズメッセージを作る機能を示す画像。

OK Go は楽しく創造性に富んだミュージックビデオで有名なバンドで、6 台のルームランナーを使った Here It Goes Again や、驚くほど複雑な装置を使って制作された This Too Shall Pass などが知られています。どの作品も YouTube で人気を呼び、合計で 1 億回を超えた再生回数は今も日々伸び続けています。

このプロジェクトはまた、共に制作に取り組んだ Google の日本のメンバーにとっても特別な意味合いを持っています。 「すべては失われていない」という意味を持つ All is Not Lost を選曲した背景には、今年未曾有の災害に見舞われた日本の人々に向けた OK Go のメンバーの熱い想いが込められています。

カスタマイズメッセージ機能でカタカナでガンバレと書いてる画像。

All is Not Lost が最も快適に体験できる環境は Google Chrome です。まだ Chrome をお使いでない方は、この機会に是非ダウンロードして、この素敵なミュージックビデオをお楽しみください。この画期的な映像体験がどのようにして作られたか興味があるウェブ開発者の方がいらっしゃいましたら、Google Code Blog (英語)をご覧ください。

[追記]
8 月 30 日、All Is Not Lost に、Global Gallery が追加されました。トップページの右下からアクセスできます。この Global Gallery では、世界各国で投稿されたビデオダンスメッセージが世界地図にマッピングされているもので、国と地域別に投稿されたメッセージを見ることができます。

今回のミュージックビデオは、公開からわずか 1 カ月で来訪者 120 万人を突破しました。そのうち、162 もの国と地域から Global Gallery にメッセージが投稿されました。ぜひ、世界中から集まったメッセージをご覧いただき、皆さんのメッセージも投稿してみてください。