メインページに戻る
Japan Blog

Chrome

Chrome ウェブストア アップデート : より便利で、よりアクセスしやすくなりました。



昨年 12 月に米国でスタートし、今年 5 月に日本語化した Chrome ウェブストアは、ウェブ上で使うウェブアプリケーションを簡単に探し、発見できるオープンなマーケットです。以前から多くの方にお使いいただいている拡張機能テーマを含めると、30,000 点以上のアイテムが登録されています。

日本語化した Chrome ウェブストアのホームページを示す画像。

本日、新たに日本でも有料アプリの購入が可能になりました。有料アプリは、ウェブストア内で金額が記載されているアイテムについて、Google チェックアウトを通じて日本円で購入することができます。また、アプリをインストールしていない状態で Chrome の新しいタブページにアクセスすると、Chrome ウェブストアのアイコンが現れるようになりました。これからは、このアイコンをクリックするだけでウェブストアに簡単にアクセスできるようになります。(今後数日かけて全ユーザーに提供されます)

さらに、Chrome ウェブストアの特徴のひとつであるレビュー機能について、日本語のレビューのみ表示させるオプションも新たに追加しました。レビュー欄の右上にある「日本語のレビューを表示」をクリックすると、自動的にフィルターして表示されます。

日本のユーザー向けのアプリもさらに充実しました。たとえば、以下の人気ウェブアプリが日本向けの展開をすでに開始しています(いずれも無料)。新しく買えるようになった有料アプリとあわせて、ぜひお楽しみください。

Evernote Web
アイディアや好きなものを保存し、さまざまなデバイスからアクセスできるツールです。

Quick Note
簡単なメモをとるためのシンプルなツール。アカウントにログインすればオフラインで保存もできます。

Read Later Fast
ウェブ上の「あとで読む」リストを管理できるアプリです。オフラインでも利用可能。

既存アプリもパワーアップしています。ユーザーがケータイから投稿した電車の運行状況を地図で確認できるジョルダンライブ!では、HTML5 を使った現在地からの検索など、新機能が追加されています。

Chrome ウェブストアには今後も様々なアップデートを実施していきます。どうかご期待ください。開発者の方向けには、ディベロッパーダッシュボードも引き続き充実させていきます。アプリ内決済のディベロッパープレビューもスタートしていますので、ぜひお試しください。