メインページに戻る
Japan Blog

Android

Google 日本語入力チームからの新しいご提案



いつでもどこでも快適な日本語入力を提供するために、Google 日本語入力は日々進化しています。特に入力方法の改善は、無視できない要素だと Google では考えています。昨年 10 月に導入した Godan キーボードなどのソフトウェアの開発はもちろん、ハードウェアの開発にも精力的に取り組んでいます。

2010 年、私たちは Google 日本語入力ドラムセットバージョンを発表しました。漢字も 1 ストロークで入力できる画期的な製品でしたが、キー配列が斬新すぎるために、残念ながら利用が思うように伸びませんでした。

Google 日本語入力ドラムセットバージョンを示す画像。

この反省を活かし開発した製品が、2012 年に発表した Google 日本語入力モールスバージョンです。「キーの数は最小」「どこでも使える」「豊富な運用実績」の 3 点を兼ね備えた理想の製品のように思えました。しかし、綿密な市場調査の結果「モールス符号を覚えきれない」という予期せぬ障壁が浮き彫りになりました。

Google 日本語入力モールスバージョンを示す画像。

そこで私たちは、これまでの特長に加え、覚えなくても入力できる方法を目指して研究開発を進めてきました。そして本日、自信を持ってお届けするのが、Google 日本語入力パタパタバージョンです。

Google 日本語入力パタパタバージョンを紹介する動画。
10:25

Google 日本語入力パタパタバージョンは、フラップ式ディスプレイを採用することにより、「キーの数は最小」「どこでも使える」「豊富な運用実績」「パタパタビリティ」の 4 点を実現している、究極の製品です。

製品サイトでは、詳細なスペックや、一足先に体験していただけるお試し版を用意していますので、ぜひご活用ください。

Google 日本語入力パタパタバージョンを示す画像。

これからもより快適な入力方法の研究開発を続けていきたいと考えています。

よくある質問

Q. 発売日・価格の発表はいつですか?
A. 現在価格設定について協議中です。発売までは、こちらの製品サイトにあるお試し版か、Google 日本語入力ノーマルバージョンをお使いいただけます。

Q. 自作できますか?
A. 基板の回路などのオープンソース化を検討中です。

Q. 入力はローマ字だけですか?
A. 付属フラップを入れ替えることで、かな入力や顔文字入力にも対応しています。

Q. 携帯電話でも使えますか?
A. バージョン 3.1 以降の Android を搭載した端末でお使いいただけます。USB ホストケーブルを別途ご用意ください。より多くの端末に対応するために Bluetooth 版の開発も予定しています。また、P-ATA 接続端末もなんとなく検討しています。

Q. 風圧で手元が冷えないか心配です。
A. 温風機能を備えた冬モデルも予定しています。

Q. カラーバリエーションはありますか?
A. 白に加えて青、赤、黄、緑を用意しています。