メインページに戻る
Japan Blog

Android

Google 日本語入力チームからの新しいご提案



皆さま、Google 日本語入力を便利にお使いいただいていますでしょうか?我々、開発チームは、変換の煩わしさを感じさせない思いどおりの日本語入力を提供すべく、日々努力を続けています。これまでにも、ソフトウェアだけでなくハードウェアを含めた様々な手法を提案してきました。

Google 日本語入力は、Chrome OS, Windows, Mac OS 用のデスクトップ版に加えて、Android 用のスマートフォン版もご利用いただけます。このうち、このスマートフォン版では、タッチパネルでの操作に合わせた快適な入力方法を提供しています。

このタッチパネルでの操作をより良くしようと調査するうちに、次のような問題点があることに気が付きました。

『ネイルをおしゃれにすると、操作がしづらくなる』

『指紋で画面が汚れてしまう』

『手袋をしていると反応が悪い』

我々は、このような問題に対応するために特別チームを発足し、研究を重ねてきました。その研究の成果を、我々からの新しい提案として、本日ご紹介いたします。

Google 日本語入力マジックハンドバージョンを紹介する動画。
10:25

Google 日本語入力マジックハンドバージョンは、タッチパネルでの操作をさらに快適にする画期的なデバイスです。

Google 日本語入力マジックハンドバージョンを示す画像。
Google 日本語入力マジックハンドバージョンでスマホにタイプする様子を示す画像。

お手持ちのスマートフォンをこのデバイスの前にセットしたら、あとはレバーを握るだけ。マジックハンドがあなたの代わりに、スマートフォンを操作してくれます。これまでのタッチパネルの問題は、すべて解決できますね。レバーとボタンの心地良い操作性が、あなたのモバイルライフを、さらにゆとりのあるものにしてくれるでしょう。

片手でGoogle 日本語入力マジックハンドバージョンを使いながら別の手でおにぎりを食べる男性を示す画像。

また、ハンドの交換で様々なカスタマイズを行うことが可能です。

Google 日本語入力マジックハンドバージョンのハンドのカスタマイズを示す画像。

これなら、左利きの人も、親指派の人も、猫の手も借りたい人にもバッチリですね。背中もかけます。

さらには USB 接続により、これまでに提案させていただいたドラムセットバージョンモールスバージョンパタパタバージョンと同時に使用することもできます。マジックハンドの快適さを、ズンタタとも、ツートンとも、パタパタとも。

Google 日本語入力マジックハンドバージョンをUSBで接続して使う様子を示す画像。

これからもあの手この手と、より快適な入力方法の研究開発を続けていきたいと考えています。今年もよろしくお願いいたします。

デバイス紹介サイト: http://www.google.co.jp/ime/m9/

<よくありそうな質問>

Q. 発売日・価格の発表はいつですか?
A. 市場調査の結果を踏まえて判断いたします。普通の Google 日本語入力は、デスクトップ版スマートフォン版ともにすぐにお使いいただけます。

Q. 開発期間はどのくらいですか?
A. 丸 1 年です。

Q. 自作できますか?
A. 今回は画期的な開発手法のため、基板の回路などのオープンソース化は予定しておりません。

Q. 入力はフリック入力だけですか?
A. キーボード入力・Godan 入力にも対応しています。対応入力方法は、今後も増やしていく予定です。

Q. カラーバリエーションはありますか?
A. 青、赤、黄、緑を用意しています。

Q. 魔法のようなデバイスですね。
A. マジックハンドですから。