メインページに戻る
Japan Blog

Chrome

Chrome が 10 歳になりました

Chrome の新しいデザインを Android, PC, iPhone 画面で示す画像。

旅行の計画、メールの送信、記事の閲覧、スキルの習得など数多くのタスクを、できるだけ素早く安全にブラウザでこなせるよう Google は Chrome を開発しました 。その Chrome が、本日 10 歳の誕生日を迎えました。Chrome では、新機能やセキュリティのアップデートを 6 週間ごとに行っていますが、 10 回目の誕生日となる今回の更新では、より大幅な変更が加わっています。

新しいデザイン
Chrome のデザインが新しくなりました。デスクトップ、Android、iOS のすべてのプラットフォームで、より丸みを持った形状を採用し、アイコンや色合いも新しくなりました。ウェブサイトのアイコンが見やすくなるようにタブの形状も変更しています。これにより、多くのタブを開いていても目的のタブへと素早く移動できます。一方、モバイルでは iOS 版のツールバーを画面の下に移動し指が届きやすい仕様になり、ブラウジングもより簡単になりました。他にも、Chrome 全体でアドレスバーのプロンプト、メニュー、URL の表示がシンプルになりました。よりシンプルなデザインへの変更が、みなさんの生産性の向上につながることを期待しています。

Chrome の新しいデザインを Android や PC 画面で示すイラストGIF 画像。

物事をより速く
パスワード、住所、クレジットカード番号をより正確に入力できるようになり、オンライン フォームが使いやすくなりました。入力した情報はすべて Google アカウントに保存され、Chrome ツールバーから直接閲覧することができます。

パスワードの処理方法も大幅に改善しました。ウェブ上で安全を保つためには、すべてのサイトで強力かつユニークなパスワードを使用することが大切です。そこで Chrome では、みなさんが新しくパスワードを作成する際に、パスワードを自動生成するようになりました。これで毎回同じパスワードを使わずにすみますね。パスワードは Chrome に保存され、ログインすればノートパソコンでもスマートフォンでも利用できます。

検索バーで知りたいことを、すぐに
検索バーとアドレスバーを組み合わせた Chrome の上部にある「オムニバー」がもっと使いやすくなりました。著名な人物、スポーツの試合結果、天気予報、わからない外国語等などを入力すると、新しいタブを開かずに知りたいことが確認できます。

さらに、オムニバーからウェブサイトを検索した際に、そのサイトがすでに別のブラウザ ウィンドウのタブで表示されている場合はそれを知らせてくれたり、あるいは「タブに移動」で目的のタブへ簡単に移動したりすることもできます。他にも、オムニバーから Google ドライブのファイルを直接検索できるようになる予定です。

好みにあわせてカスタマイズ
みなさんの好みにあわせてお使いいただけるよう、簡単にカスタマイズできるようになりました。新しいタブを開いて「ショートカットを追加」するだけで、お気に入りのウェブサイトへのショートカットを作成して管理できます。他にも、新しいタブの背景にお気に入りの写真を設定できます。

Chrome で取り組んでいる様々な機能改善
みなさんの目に留まりやすいアップデート以外にも、Google は Chrome の様々な改善に常に取り組んでいます。悪意のある広告や迷惑な広告からユーザーを守るための機能、オンラインのセキュリティ維持に役立つ HTTPS への移行、 Spectre を含むさまざまな種類の攻撃に対してより強固な防御を提供する Site Isolation(サイト分離) 、Chrome での VR および AR ブラウジングなど、2018 年中にも多数の機能改善を行いました。Chrome の起動時間、レイテンシ、メモリ使用率、使いやすさなどを改善するための新しい試みも展開し始めました。他にも、改善されたパフォーマンストラッキング機能や、新しい CSS 機能など、Chromium コミュニティに向けたいくつかの アップデート も展開しています。