メインページに戻る
Japan Blog

Android

新しく登場したエモい絵文字たちをご紹介します

さまざまな絵文字アイコンを表示する画像。

昨年 Google は、より共感できる表現や、多様性を受け入れ、平等をキーボードに表現することを目指し、絵文字の標準とガイドラインを定める非営利組織である Unicode コンソーシアムに新しい絵文字の提案を行いました。そして、提案した絵文字の数々 ( 嬉し泣きや、ハグ、ベールの男性、タキシードの女性、赤ちゃんにミルクを飲ませる人など ) を今年の秋に公開できることを嬉しく思います。

多様性を受け入れる新しい絵文字を示すGIF画像。

その他、新しい絵文字として、ピニャータ ( メキシコや他の中・南米の国の子供のお祭りに使われる、中にお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉人形 ) やロングドラム、リアルな愛を伝えるハート ( 心臓 ) 、新しい動物たち ( 可愛いバイソン、熱心なビーバー、愛が欲しいホッキョクグマなど ) 、食事に関連する絵文字 ( 美味しそうなタマル、見ていると喉が乾いてくるタピオカミルクティー、温かい飲み物の絵文字☕に「紅茶感」が足りないと感じていたユーザーのためのティーポットなど ) も追加されます。さらに、切り株、魔法の杖、毛むくじゃらのマンモスなど、自然やアクティビティを表す絵文字など、今秋の Android 11 のリリースでは、Unicode によって承認された 117 の新しい絵文字をご利用いただけるようになります。

新しく追加された動物、食べ物、楽器などの絵文字を示すGIF画像。

新しい絵文字を作ることに加え、定番で愛されている絵文字も見直しました。おなじみの顔絵文字の目を見つめ、さらに深夜のメッセージでも見やすいように、ダークモード向けのデザインを作成しました😉。その他、モントレーベイ水族館やビクトリア昆虫館の専門家と協力し、動物の絵文字をより詳細に表現しました。

ダークモード向けのデザインの絵文字を示すGIF画像。

加えて、懐かしい、ほのぼのとした温かみのあるお友だちも成長して戻ってきます😉。そうです。あの亀の絵文字が戻ってきます。 ( 完璧だった初期の亀を死守すると決めました。) 楽観的な羊の目に惑わされないように、そして笑顔のうさぎにほほえみ返さないよう、お気をつけください。

さまざまな表情の動物の絵文字を示すGIF画像。

絵文字の数が増え、外出自粛により絵文字の利用が 40% 以上増加している今、適切な絵文字をすばやく簡単に見つけ、送信できるようにすることが、これまで以上に重要です。これを実現するため、 Gboard - Google キーボード ベータ版に、絵文字をクイックに入力できるツールバーを追加します。この機能は、今後数か月かけてすべての Android 端末の Gboard - Google キーボードで公開する予定です。これからは、友人に「今、一緒にいられたらいいのにな」という気持ちを伝えるのに、1 つではなく 5 つのハート❤️❤️❤️❤️❤️ をより簡単に送ることができます。

メッセージアプリでツールバーに出る絵文字機能を示すGIF画像。

大切な人への気持ちを、新しい絵文字で伝えてみませんか。