メインページに戻る
Japan Blog

日本法人からのお知らせ

情報へのアクセス状況をわかりやすくするために



Google のサービスがブロックやフィルタリングの対象になった時、私たちはユーザーのニーズに的確に応えることができません。私たちはそんな状況を避け、表現の自由と情報へのアクセスを守るために日々努力を続けています。情報の流れの透明性を強化するため、私たちはインタラクティブな透明性レポート (英文)というオンラインツールを作成しました。これにより、私たちがどのコンテンツを政府の要請により削除し、世界のどこでGoogle のサービスがブロックされているのかを確認することができます。このような透明性は、検閲に対する抑止力として機能すると私たちは考えます。

Google では、他の企業と同じように、サービスへのアクセスを妨害されることがあります。この新しい追跡ツールを使うことにより、その妨害が技術上の問題なのか、政府によるものなのかを確認できます。それぞれのトラフィックグラフはデータが収集されるとすぐに更新され、指定した国におけるサービスの過去のトラフィックのパターンが 0 から 100 の値で表示されます。このツールは中国を含む世界中に対応しており、中国におけるサービス稼働状況を表示していたページ (英文)に取って代わるものになります。サービスの停止状況を表示することにより、政府による遮断とそうでないものも含め、自由な情報の流れが妨害されている状況がトラフィックグラフで視覚化されます。例えば、以下のグラフではイランでYouTube が 2009 年 6 月 12 日の大統領選挙以降アクセスできなくなっていることを示しています。

イランでYouTube が 2009 年 6 月 12 日以降アクセスできなくなっていることを示すグラフの画像。

今年の 4 月に、各国の政府機関から受けたユーザー情報開示とコンテンツ削除の要請の件数を表示するサイトを公開しました(英文)。本日、この政府要請マップ(英文)に 2010 年 1 月から6 月までのデータと、その6ヶ月間の傾向を分析したものを反映させました。新しいデータからは、削除の要請を受けた個別のアイテムを国別で見ることができ、例えば一度の要請に複数のURLが含まれる場合は、それらをすべて確認できます。データから分かる傾向はこちら(英文)で確認できます。私たちはこの取り組みを、企業や政府機関に透明性の重要さを訴える確かなステップだと考えています。

Google にとって、表現の自由は最も重要視する基本的な価値のひとつです。情報が増えるほど選択肢が増え、その分ひとりひとりに自由と力が与えられると考えています。表現の自由は、もちろん、Google のビジネスの要でもあります。私たちの提供するサービスは、世界中の人々が情報にアクセスでき、発信でき、共有できるようにするために作られています。更なる透明性を目指すために作られたこのツールが、自由な情報の流れに関する議論にとって有意義なものであることを願っています。