メインページに戻る
Japan Blog

日本法人からのお知らせ

世界のスマートフォン利用に関する大規模調査 2013 年の調査結果を発表



Google が Ipsos MediaCT と 2011 年から実施しているスマートフォンの利用に関する大規模調査「Our Mobile Planet 」の 2013 年版データを公開しました。 

この調査は今回で 3 回目の実施となり、日本におけるスマートフォン利用について、 3 年間の変化を様々な角度から見ることができます。また、昨年は 26 ヶ国だった調査対象国を今回 48 ヶ国に大幅に広げ、先進国だけでなく、東南アジアや東ヨーロッパなどの国々との比較も可能になりました。

「Our Mobile Planet 」の 2013 年版で日本のデータを示す画面の画像。

今回も 2013 年版の結果から、いくつか興味深いデータをご紹介します。

  • 2 年前にはわずか 6 %だった日本のスマートフォン普及率は、2013 年には 25% にまで拡大しました。ただし、今回の調査対象国でもっともスマートフォン普及率が高い韓国(73%)やそれに次ぐシンガポール(72%)と比べると、依然として日本では従来型の携帯電話が主流となっています。(参照データ 1) 
  • それでも、日本人のスマートフォン利用は非常に活発で、特にテレビ視聴時の同時利用率は 58 %と他のスマートフォン普及先進国である米国(53%)、シンガポール(42%)、韓国(47%)よりも高く、従来型の携帯電話でよく見られた「テレビを視聴しながら」の利用が多いことがうかがえます。(参照データ 2) 
  • 日本ではショッピング中のスマートフォン利用も活発で、3 人に 1 人(32%)がショッピング中の商品について品定めするときにスマートフォンを使ったことがあると答えています。これは他の国が 2 割台にとどまる中、高くなっています。(参照データ 3) 
  • また、日本は世界でもっとも有料アプリのインストール数が多い国でした。1 人あたり平均 11.5 個と、今回の調査対象国のなかで唯一 2 桁に到達しています。日本に次いで有料アプリインストール数が多かったのは香港(9.8個)、その次がオーストラリア(7.5個)と上位をアジア太平洋地域の国が占める結果となりました。(参照データ 4

調査の実施概要についてはこちらからご確認ください。
Our Mobile Planet 」では、自分で気になるデータを比較することもできます。ぜひ、お試しください。