メインページに戻る
Japan Blog

日本法人からのお知らせ

「未来への学び」に自治体のコンテンツを追加しました



熊本地震から 1 年を前に、Google では、本日、災害の復旧・復興支援の知見を記録・共有するプロジェクト「 未来への学び 」に、新たなコンテンツとして「 自治体の対応 」を追加します。「自治体の対応」では、特に、災害時における自治体の情報マネジメントをテーマに、特に SNS の活用を中心に 熊本県熊本市福岡県福岡市 の事例を公開しました。

「未来への学び」のウェブサイトで自治体に対応する画面の画像。

例えば、熊本市の事例では、熊本地震後に市内各所で発生した水道の漏水状況を知るために SNS を情報収集のツールとして活用しました。市民から破損箇所の写真と場所を一緒にツイートしてもらうことで、被害状況の把握の迅速化、効率化につながりました。事例では、自治体のみなさんが試された様々なコミュニケーションのアイディアが詰まっています。ぜひご一読下さい。また、「自治体の対応」では、情報社会や防災・災害対応について学術研究を行う国際大学グローバル・コミュニケーション・センターに監修としてご参加いただいています。

未来への学びでは、今後も事例の拡張を行ってまいります。ご興味のある企業・団体、自治体の方はこちらの フォーム よりご連絡下さい。