メインページに戻る
Japan Blog

スタートアップ

Demo Day Asia 2019 をバンコクで開催します



Google は、今年で 2 回目となる Demo Day Asia をバンコクで開催します。乳がん早期発見のための画像診断装置から、太陽エネルギーを使い、子供たちへの教育の機会を改善するプロジェクトまで様々な分野のスタートアップ各社より応募をいただきました。今年は、アジアを拠点に世界で活躍する 11 社が最終候補に選ばれました。

Demo Day Asia 2019 の参加企業のロゴの画像。

Demo Day Asia 2019 の最終候補 は以下の 11 社です。Anywhr(シンガポール)、Glazziq(タイ)、Kyna(ベトナム)、Lily Medtech(日本)、Matelabs(インド)、Modoo(中国)、Soundbrenner(香港)、Talkiplay(オーストラリア)、Tello Talk(パキスタン)、Wahyoo(インドネシア)、Yolk(韓国)

最終候補に選出された各社は、今月 19 日にバンコクで行われる Techsauce Global Summit で Google for Startups Demo Day に参加します。 Google は、3 日間のメンターシップ、プログラミング、ネットワーキングの体験を提供します。最後には、Golden Gate Ventures の Jeffrey Paine や Monk's Hill Ventures の Justin Nguyen、GOBI Partners の Shannon Kalayanamitr 等、著名な審査員に事業戦略をピッチする機会が用意されています。

昨年行われた第 1 回の Demo Day Asia で披露されたように、いまアジアでは多くのアイディアが生まれています。Google は、これらの才能あふれるスタートアップたちがトップレベルの投資家たちとつながる機会を創出できることを、そして彼らの社会における大きな問題を解決したいというビジョンを援助できることを大変嬉しく思います。 Demo Day Asia 2019 は、もうすぐ始まります。アジア地域の次世代を担うテックチャンピオンたちにご期待ください。