メインページに戻る
Japan Blog

広告

ウェブサイトの効果を改善するツールが公開されました



皆様はウェブページを作成する際、どんな点を気にされていますか?

ページに表示するコンテンツ、レイアウトや配色、画像と文字の比率など、さまざまなことを気にされているかと思います。経験や技術的なロジックを用いることで、ある程度意図した通りの結果を得るページができるかと思いますが、最後はやはり試行錯誤しながら最適なページに近づける作業が必要です。

より良いページ構成のパターンを探すために、ページ内のパーツ(見出しや画像、その他広告テキストなど)を取り替えながらテストを行われたり、テストしたいとは思いつつ、なかなか手が回らなかったりすることがあるのではないでしょうか?

そこで今回ご紹介したいのが、 Google の無料のウェブサイトテストツール 「 ウェブサイト オプティマイザー 」 です。実はウェブサイトオプティマイザーは、もともと広告主様向けプログラムである Google AdWords でユーザー様に提供をさせていただいておりましたがこのたび、一般のユーザー様にも提供を開始させていただきました。

ウェブサイト オプティマイザーを利用すると、見出しや画像などのセクションをあらかじめ用意しておくだけでさまざまなパターンの組み合わせテストを行い、どのパターンが現在のページ構成よりも効果があったのかを一目で確認できるレポートを表示してくれます。

ウェブサイト オプティマイザーでは、テストを開始する前に測定対象となるテスト ページとコンバージョン ページを選択します。そうすることで、テスト ページを訪れた人々の中からコンバージョン ページまで辿り着いた数の割合を、パターン毎に自動的に比較してくれます。 AdWords の用語で言う 「 コンバージョン率 」 を、テストの実績値に基づいて、比較検討できるようになります。

その他、ウェブサイト オプティマイザーに関する詳しい情報はヘルプセンターをご覧ください。

ぜひウェブサイト オプティマイザーを利用し、ユーザーにとってより有益なページを発見してください。