メインページに戻る
Japan Blog

AI

撮って翻訳 - Google 翻訳アプリがさらに進化しました



翻訳アプリを使うときには、言葉を音声や手で入力しなければいけません。英語やフランス語等のアルファベットの場合には、それほど入力に困ることはないかもしれませんが、中国語や韓国語等、その言語を知らなければ、入力が難しい言語もあります。キーボード上に表示がなかったり、自分が見た文字と同じものを探しだして入力するのは、至難の業ですよね。

Android(バージョン2.3 以上) 向けの新しい Google 翻訳アプリでは、もう日本語、中国語、韓国語の文字入力に悩む必要はありません。あなたの代わりにアプリが文字を読み取って翻訳できるようになりました。使い方は簡単。カメラアイコンをタップして、翻訳したい文章の写真を撮り、写真中の翻訳したい部分をなぞります。これだけでなぞった部分の文字を自動的に読み取り翻訳します。

韓国語で書いてある看板の画像。

看板の気になる部分を撮影して

Google 翻訳アプリで写真を撮って、スワイプして翻訳を見ること示す画像。

スワイプするだけで字を読み取り、翻訳します

今回のアップデートでは横書きの文章のみをサポートしていますが、将来的には縦書きの文章にも対応できるようにしたいと考えています。

日中韓のカメラ入力とあわせて、アイスランド、アフリカーンス、ウェールズ、ウクライナ、クロアチア、スロバキア、スロベニア、チェコ、マケドニア、ラトビア、リトアニアの各言語の手書き入力も今回のアップデートで利用できるようになりました。

ヨーロッパや南アフリカの旅行のおともに是非 Google 翻訳アプリをお試しください。