メインページに戻る
Japan Blog

マップ

Google トランジット - 地図を見ながら路線検索



こんにちは、ソフトウェアエンジニアの小松です。

ゴールデンウィークも近づいてきましたが、行楽の予定は万全ですか? 本日はGoogle トランジット、グーグルが提供する乗り換え案内サービスのご紹介です。昨年 10 月にモバイル版の提供を開始していますが、今回、PCでも使えるようになりました。

東京タワーに行くには何駅を使えばいいかご存知ですか?東京タワー駅があれば話はすぐに済むのですが、実際には赤羽橋駅、神谷町駅、御成門駅、大門駅と最寄り駅がいくつもあります。どこを使えばいいのかは出発地によって変わるようです。しょうがないからと全部の駅で乗り換えを調べてみてから、「あれ?一番いい結果はどれだっけ」なんてこともありがちです。

マップ上でいくつかの場所にピンが付いていることを示す画像。

Google トランジットはそんなかゆいところに手が届きます。駅名の代わりにランドマークや住所を入れると、いくつか最寄り駅があっても最適な駅をがんばって探します。例えば大倉山から東京タワーなら最寄り駅は神谷町駅、三軒茶屋からなら赤羽橋駅といった具合です。住所の場合でも同じです。例えば大手町から千代田区丸の内2-4-1、結果を見ると歩いて行くのもよさそうですね。

ところで、この例として使っている大手町駅、東京にも愛媛にもあります。同じ名前なんだけれど、違う場所にある駅はけっこうあります。例えば、日本橋、赤坂、自由が丘、大久保。同じ名前がいくつもある場合、どれが意図されたものかは分かりません。でも「大手町から東京タワー」だったら、たぶん、東京の大手町のことですよね?

Google トランジットは同じ名前の駅がいくつかあっても、出発地と目的地の場所や駅の大きさなどから、どれが意図されたものかを考えます。「大手町から東京タワー」なら東京の大手町、「日本橋から梅田」だったら大阪の日本橋なんじゃないかと考えます。たまにはずしてしまうかもしれませんが、その時はプルダウンメニューから変更して教えてやってください。はじめから「大手町 愛媛」と入れることもできます。

もちろん、おなじみの Googleマップの機能を使うこともできます。航空写真を見てみたり、地図+写真を使ってみたり。今日の電車の窓から見えたあの場所はどこだったのだろう。そんな使い方もありそうですね。

Google トランジットはこちらのページからお使いいただけます。でも、パーソナライズドページをお使いの方は、ガジェットもありますので、こちらで使っていただくことも可能です。

ベータ版なので、今後もどんどん改善していくつもりです。ご意見・ご要望は是非こちらにも書いてみてください。わずらわしいことは抜きにして、結果をすぐに返してくれる。そんなレスポンスの良さが Google トランジットの魅力です。

関連リンク
Google トランジット
Google トランジットについて
パーソナライズドページ用ガジェット
モバイル版 Google トランジット