メインページに戻る
Japan Blog

マップ

Google Maps API が Flash からも使用できるようになりました



Google マップをFlashで利用したいという要望をこれまでに多くの方からいただきました。この要望にお応えし、本日「Google Maps API for Flash」をリリースしました。この新しい API を利用することによって、Flash アプリケーションに Google マップを簡単に埋め込み、操作することが可能になります。従来の JavaScript 用 APIと同等な機能を ActionScript API として提供しており、皆さんの Web サイトによりインタラクティブな地図アプリケーションを構築することができます。

それでは、Advanced Flash Components(AFComponents)を使ったサンプルプログラムを紹介しましょう。このサンプルは、ActionScript 3 を使って開発したものです。「Show Photo Gallery」というボタンを押してみてください。

もうひとつの例が、NAVXというフランスの企業が提供するコミュニティサービスです。こちらは、JavaScript と Flash アプリケーションで構築された既存システムを新しい API で書き換えたものです。

Google Maps API for Flash をNAVXのコミュニティサービスのアプリケーション上で示す画像。

上記以外の Google Maps API for Flash のサンプル・アプリケーションもご覧いただき、従来の API では実現が難しかった機能をご覧ください。また、本API についての詳しい情報は、APIドキュメンテーションをご覧ください。

なお、この Google Maps API for Flash は、6月10日に開催される Google Developer Day のセッションの中で、詳細な解説を行う予定です。