メインページに戻る
Japan Blog

マップ

きれいに、もっと使いやすく。ストリートビューの画像を更新しました。



ストリートビューは、その場にいるかのように街を ”歩ける” サービスとして、2008 年 8 月に日本でサービスを開始しました。旅先を下見したり、以前住んだことのある懐かしい街を再訪したり、引越し前に近所を散策したり、さらには教育現場や不動産をはじめとしたビジネスでの活用も進むなど、多くの方に支えられ、成長してきました。

本日より、関東地方、関西地方及び九州地方の一部の地域で、ストリートビューの画像が再撮影されたものに切り替わります。今回の更新では、街の移り変わりに追いついただけでなく、新しいカメラの導入により、より美しい画質で街歩きを楽しめるようになります。また、以前ご案内したとおり、カメラ位置を 2.45m から 2.05m に下げて撮影した画像に置き換わることになります。現在サービス中のその他の地域においても、現在再撮影を進めており、すでにストリートビューが展開されている地域については順次、新しい画像に切り替えていきます。

渋谷センター街(更新前)のストリートビュー画像。

渋谷センター街(更新前)

渋谷センター街(更新後)のストリートビュー画像。

渋谷センター街(更新後)

京都高台寺(更新前)のストリートビュー画像。

京都高台寺(更新前)

京都高台寺(更新後)のストリートビュー画像。

京都高台寺(更新後)

ストリートビューでは、顔や車のナンバープレートに自動的にぼかし処理を施した上で、サービスを提供することとしています。また、皆さまからオンライン上のツールや電話窓口を通じていただいた公開停止のご依頼には、一つ一つ対応しています。

しかしながら、これまでの手続きでは、対象が写りこんでいる360度のパノラマ画像をすべて公開停止にする以外に方法がなく、対象周辺の画像も一緒に消えてしまう、という問題がありました。周囲のお店などから、望んでいないのに画像が公開停止されてしまったので、復活させてほしい、という要望をいただくことも多かったため、今回の画像更新を機に、手動でのぼかし対応を進化させ、より正確に、ご自宅や車など、ご依頼の部分のみにぼかしを入れるという対応に変更いたします。プライバシーへの配慮を心がけながら、こういったご要望にもお応えできるよう、進化を続けるべく、今後も努力を続けてまいります。

Google では、ストリートビューを、地図の進化へのひとつの試みとして考え、改善を続けています。これまでになかった新しい地図が、多くの方の日々の生活に、きっとお役に立てるに違いないという思いから、これまで様々な方との対話を繰り返し、ヒントをいただき、チーム一同努力を重ねてきました。サービスをお使いいただき、率直なご意見をいただいた利用者の皆さまに、改めてお礼を申し上げます。また、これからも、より安心して、便利にお使いいただけるよう、ひとつひとつ改善を重ねてまいりますので、Google マップおよびストリートビューを、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ぜひ、新しくなったストリートビューをお試しください。