メインページに戻る
Japan Blog

マップ

サンタクロースは今どこに? Google とサンタを探そう



毎年、クリスマスイブには、世界中で子供たちが「サンタさん来てくれるかな?」と、お父さんやお母さんにたずねたり、胸を躍らせながら夜空を見上げているかもしれません。「どうやって、世界中の子供たちに一晩でプレゼントを配るんだろう」、「サンタさんのために置いておいたクッキー、食べてくれるかな」、そんな子供の頃の思い出がサンタクロースの物語を特別なものにしています。

そんな中でも、毎年必ず浮かぶ「今、サンタクロースはどこにいるの?」という疑問に、今年も NORAD と Google がお答えします。ワープスピード GPS 技術の進化と賢い妖精たちの働きのおかげで、NORAD Tracks Santa で世界中を飛び回るサンタクロースが今いる場所を探して、旅の様子を追いかけることができます。

本日の夕方 16 時から www.noradsanta.org で、200 カ国・地域の子供たちにプレゼントを配るサンタクロースの居場所が表示されます。この他にも、下記の方法でもサンタを探せますので、ぜひお試しください。

  • Google マップ: www.noradsanta.org にアクセスし、日本語を選んでください。スクリーンに、サンタクロースの現在位置と次の目的地が、大きな Google マップで表示されます。ビデオアイコンをクリックするとサンタカメラに切り替わります。
  • Google Earth:www.noradsanta.org にアクセスし、「3D でサンタを追跡する」をクリックしてください。すぐに橇にのったサンタクロースがスクリーンに現れます。もし、Google Earth のプラグインをお持ちでない方は、こちらからダウンロードして下さい。
  • スマートフォン:モバイル Google マップを立ち上げ、[サンタ]と検索するか、m.noradsanta.org にアクセスしてください。

使い方は、NORAD Tracks Santa に関するヒントとコツで紹介していますので、ぜひご覧いただき、サンタクロースの旅を追いかけてみてください。

北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)によるサンタクロースの追跡は、1955 年に米国の百貨店シアーズ・ローバック社のカタログに間違って掲載された「サンタクロースへの直通電話」の番号が、NORAD の最高司令官につながったことがきっかけで始まりました。クリスマス精神にあふれる司令官は、すぐに衛星とレーダーを使ってサンタクロースの橇がどこにいるのかを電話をかけてきた子どもに教えてあげたそうです。それ以来、クリスマスイブのサンタクロースの追跡は NORAD の恒例行事となっています。

2007 年に Google は NORAD の公式技術パートナーとして、Google マップ や Google Earth 等地図関連の技術を提供を開始、最近では YouTube もこの取組みに参加しています。

夜空に花火があり、サンタクロースが飛ぶ様子を示す画像。

ぜひ、今夜は www.noradsanta.org にアクセスして、サンタがどこにいるか、探してみてください。また、NORAD Tracks Santa とは別に、Google マップにもクリスマスイブとクリスマスの 2 日間、小さなサンタが登場します。ぜひ、探してみてくださいね。

それでは、みなさん、素敵なクリスマスをお過ごしください。メリークリスマス!!