メインページに戻る
Japan Blog

マップ

Google マップの使い方講座 第一回 緯度経度編



今回は、Google マップ ユーザーの皆さまからヘルプフォーラムなどに質問が投稿される Google マップの機能について、3 回に分けてご紹介いたします。最初にご紹介するのは、問い合わせが多い質問のひとつ「Google マップで緯度と経度を調べる」方法です。

皆さんは東京タワーなどの名所の緯度と経度はどうなっているのか、ふと気になったことはありませんか。実は Labs の中の機能を使うことで、緯度と経度を簡単に表示することができるようになります。

緯度と経度を調べるには、まず Google マップで画面の右上にある歯車のアイコンをクリックし、次に表示されるメニューの中から [マップ Labs] をクリックして、Labs 機能の一覧から目的の機能をオンにします。(Google アカウントを使って Google マップにログインしている場合は、次にマップにログインしたときにも同じ Labs 機能が有効になります。)

Google マップの Labs 機能を示す画面の画像。

緯度経度マーカーの使い方

地図を右クリックしたときに表示されるメニュー(コンテキスト メニュー)に、ミニ マーカーを配置するオプションが追加されます。ミニ マーカーには、右クリックした位置の緯度と経度が表示されます。

Google マップ上で緯度経度マーカーが表示されている画像。

緯度経度ツールチップの使い方

マウス カーソルが示す位置の緯度と経度をカーソルの横にツールチップで表示します。ツールチップは Shift キーを押している間だけ表示されます。

Google マップ上で緯度経度マーカーを示す画像。

また、場所の緯度経度がすでにわかっている場合は、その数字を Google マップの検索ボックスに入力するだけですぐにその場所を見つけることができます。気になる場所の上でコンテキストメニューから [この場所について] を選ぶと、その場所の緯度経度が検索ボックスに表示されますので、地理座標を知りたい場合にはこちらもご活用ください。

Google マップで緯度と経度を調べる方法に関する詳しい解説は、こちらのヘルプ記事、もしくはスライドショーをご覧ください。