メインページに戻る
Japan Blog

マップ

屋久島をストリートビューで旅しよう



本日より、Google マップのストリートビューで、新たに屋久島のトレッキングコースがご覧いただけるようになりました。さっそく、ストリートビューで、屋久島探検に出かけてみましょう。

荒川登山口をスタートして、しばらくはトロッコ道と呼ばれる、昔、トロッコが走っていた軌道を歩きます。川のせせらぎや鳥のさえずりが聞こえてくるようなのどかな風景が続く中、ところどころ、昔、このあたりに暮らした人々の営みが感じられるような場所やいくつも川を越えて進みます。

大きな地図で見る
トロッコ道

木漏れ日が差し込む鬱蒼とした森を抜けると、小杉谷橋にさしかかります。橋の中央に立つと、足元に巨岩がころがる大きな川をのぞみ、遠くには屋久島の山々を仰ぎ見ることができます。

大きな地図で見る
小杉谷橋

トロッコ道の終点からは、今までと一転して、木の根の間を進む道に変わります。森の緑は濃さを増し、木々は段々と大きく、高くなっていきます。ほどなくするとストリートビューの画像は雪景色へと変わり、コース中盤のハイライト、ウィルソン株が現れます。

大きな地図で見る
ウィルソン株

今回、撮影チームは、ウィルソン株の中も撮影しました。一歩、株の中に入ると、外の雪景色とはうって変わって、やさしく光が差し込み、ほの暗く静寂な空気に満たされます。そして、株の中から見上げると、外界からの明るい光が差し込み、美しい森の姿をとらえることができます。

画面上の矢印をたどって、ぜひ、株の中もストリートビューでご覧下さい。この株の中を撮影するために、トレッカーを背負ったオペレーターは膝立ちになって、狭い株の中に入りました。

ウィルソン株を過ぎると、コースはさらに険しく、高度も上がっていきます。樹齢 1000 年を超えるような巨樹に囲まれた森は陽射しをさえぎり、ところどころ霧も出て来る中、木道に積もった雪の白さが、景色に明るさを添えてくれます。そして、最後の階段を登りきると縄文杉にたどりつきます。

大きな地図で見る
縄文杉

縄文杉は、現在、保全のため近くまで立ち入ることができません。霧の中にそびえる縄文杉の雄大な姿をぜひお楽しみください。 なお、今回の撮影の様子をビデオでご紹介しています。撮影の様子をぜひご覧下さい。

屋久島のストリートビュー撮影について動画。
10:25

Google では、今後とも、日本をはじめ世界中のすばらしい場所をストリートビューでご紹介したいと思っています。どうぞご期待ください。ストリートビューギャラリーでは屋久島をはじめ世界中のストリートビューをご覧いただけます。