メインページに戻る
Japan Blog

マップ

ストリートビュー トレッカーパートナープログラム が1周年を迎えました。



Google では、昨年 7 月に Google トレッカーパートナープログラムを開始しました。地元のユニークで、素晴らしい場所をよく知る観光協会や NPO の方がトレッカーを担ぎ、これまでに日本の様々な場所を撮影しています。ちょうど 1 年を迎えた今日、トレッカーパートナープログラムで撮影された場所を紹介します。

この一年間でトレッカーパートナープログラムには、NPO法人アーキペラゴ、御蔵島観光協会、ローカル鉄道・地域づくり大学事務局、立山黒部貫光株式会社、庄原市観光協会、宮田村インターネット博物館、母島観光協会、三浦市観光協会、おくなわプロジェクト推進協議会 の9 つの団体が参加されました。

「おくなわプロジェクト」では、沖縄の人が住む離島のうち、特に人や物の行き来が少ない 5 つの離島が結集したもので、島から島へ住民の皆さんがトレッカーをリレーして、島の自慢の場所を撮影しました。

北大東島のストリートビュー画像。
多良間島のストリートビュー画像。

仕事の合間を使って撮影したのは御蔵島観光協会の方。休日や始業前の早朝に景色の美しい場所を歩きました。

御蔵島のストリートビュー画像。

御蔵島

ローカル鉄道・地域づくり大学事務局は、ひたちなか海浜鉄道の職員がリレーで全長 14.3km の線路を踏破。30 ~ 40 分に一度、電車が来る度に、線路脇によけて撮影したそうです。

ひたちなか海浜鉄道のストリートビュー画像。

また、冬季は一般の立入りができない立山黒部アルペンルートも今回、パートナープログラムにより撮影が可能になりました。

立山黒部 室堂山展望台のストリートビュー画像。
立山黒部 みくりが池のストリートビュー画像。

今回紹介した 9 つのパートナーが撮影してくださったストリートビューは、こちらのギャラリーからご覧いただけます。Google では引き続きパートナープログラムの参加者を募集しています。トレッカーパートナープログラムに参加をご希望の方は、こちらのフォームからお申込みください。