メインページに戻る
Japan Blog

マップ

夏に使える新しい「周辺スポット」とNow カード



セミが鳴く暑い夏に、知っていると便利に使える Google マップとGoogle 検索のちょっと新しい機能をご紹介します。

Google マップの新しくなった「 周辺スポット 」は、現在地や時間帯にあわせて、周辺のお店や施設を自動的に表示します。これまでも現在地付近の店舗や施設を「食べる」「飲む」といった目的毎に閲覧することができましたが、これからは「徒歩 5 分」以内といった距離や時間帯を設定することができるようになりました。また、今すぐに行きたい場所を探したい場合は、ちょうどいい距離と時間を自動的に選んで周辺のおすすめの場所を表示します。

旅先でランチに迷った、打合せの間にぽっかり時間が空いてしまったなんて時に、ぜひご活用ください。周辺スポットをご覧になるには、検索ボックスをタップして、「周辺情報」を選ぶか、画面の右下の青いピンアイコンをタップしてください。

スマホ上 Google マップの画面を示す画像。
Google マップ上現在地付近スポットを示す画面の画像。

もちろん、海外の都市でもお使いいただけます。

Google マップ上セントラル・パーク付近スポットを示す画面の画像。

セントラルパーク付近

また、Android 搭載端末でお使いいただいている Google now に、今年も花火カードを追加しました。花火カードは全国に対応していますので、お住いの地域で行われる花火大会をちょうどいいタイミングでお知らせします。天気カードもあわせてご覧になると、花火大会の日の空模様を確認することもできます。

Google now 花火カードを示す画面の画像。

Google now 花火カード

新しいGoogle マップの「周辺情報」は Android 及び iOS 搭載の端末でお使いいただけます。Google now の花火カードにくわえ、汗ばんだ手で入力しづらい時には、Google 音声検索もぜひご活用ください。暑い夏をがんばって乗り切りましょう。