メインページに戻る
Japan Blog

マップ

Google マップと Google 検索上の災害情報の可視化を強化



Google は本日、災害時に信頼できる情報をリアルタイムに表示するSOS アラートに、自然災害に関する、よりわかりやすくなったビジュアル情報と、新たなナビゲーション警告システムを Google マップに追加しました。今回のアップデートにより、更に正確に災害の位置を把握し、その災害がどの方向に向かっているのか、予測できるようになりました。変更内容、および、緊急時に連絡を絶やさず情報を受け取るための 3 つの方法を、以下にまとめましたのでご覧ください。

台風の進路予測、地震「シェイクマップ」など
発生中の災害の概略、関連ニュース、緊急通報用電話番号およびウェブサイト、現地の公的機関による公式ツイートの更新、安全確保のためのアドバイス等を含む災害情報は、これまでにも SOS アラートで提供していました。今後はさらに、台風、地震および洪水(インドのみ)の情報についてもより詳細に可視化することで、 現地の状況をもっと簡単に把握できます。

台風が到来する数日前より、該当エリア付近のユーザーには、Google マップ上で災害注意カードを自動的に表示します。このカードは台風の進路予測に加え、予想される軌道や特定地点をいつごろ通過するかといった情報も表示するため、事前に対応を検討できます。

Google マップ上で台風が到来する災害注意カードが表示されている画面の画像。

地震が発生した場合にも、災害カードをタップするだけで地震のシェイクマップが表示されます。シェイクマップとは震源地、マグニチュード、さらには周辺地域での揺れの激しさを色分けし、可視化した地図情報のことです。この情報で迅速に地震の範囲を把握し、もっとも被害が大きいと思われる地域を確認できます。

地震が発生した場合、Google マップで地震のシェイクマップが表示される機能を示す画面の画像。

被害を受けた地域外にいる場合に、災害に関する詳細を確認したいとときは、Google で災害の名称や地名といった関連する単語などを検索するだけで、同様の概略を示す SOS アラート等の関連情報がカードで表示されます。

Google マップでの災害ナビゲーション警告
上記に加え、ご利用のルートが災害の影響を受けていると思われる場合にも、警告を表示(また、可能な場合には被害エリアを迂回するルートを提案)する機能を近日中に提供開始する予定です。

ご利用のルートが災害の影響を受けている場合、Google マップで警告を表示される機能を示す画面の画像。

災害時の対応は一刻を争います。連絡を絶やさず、必要な情報を迅速に入手するための Google マップ活用方法を 3 つご紹介します。

現在地を共有する:刻々と変化し混乱を極める状況において、友人や家族に現在地を知らせることは極めて重要です。災害カードから、現在地を共有(最短 15 分間、または共有を停止するまで)できます。


道路の閉鎖状況を確認、報告する:地図上で交通情報をオンにすれば、Android 上で付近で閉鎖がすでに確認されている、またはその懸念がある道路を確認でき、さらにその状況が最後にいつ更新されたのかが確認できます。運転中に閉鎖された道路に遭遇した場合は、状況を報告し、付近の他のユーザーに知らることができます。さらに道路をタップすれば、その道が閉鎖されているか否かの状況を更新することができます。

災害情報を大切な人たちと直接共有する:災害カードの共有ボタンを押せば、友人や家族に現状を共有し続けることができます。共有相手は、Google マップから、災害情報、ビジュアル情報、緊急連絡先などを確認することができます。

台風進路予測、地震シェイクマップは今後数週間のうちに Android、iOS、デスクトップおよびモバイルウェブにて運用を開始します。ぜひご活用ください。