メインページに戻る
Japan Blog

サステナビリティ

世界を変えようとしている非営利団体をサポートするプログラムを開始しました



日本では多くの非営利団体が、介護や教育、女性の社会進出などの様々な社会問題に取り組んでいます。また、社会貢献への関心も年々高まっています*。Google では、非営利団体の活動をテクノロジーの力でサポートしたいという思いから、本日より Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムの日本での提供を開始します。

本プログラムに登録いただくと、 Google Apps、AdWords、YouTube、Google Earth の非営利団体向けサービスが利用可能になります。例えば、 通常は 1 ユーザーあたり毎月 600 円 で提供している Google Apps for Business が無料になるほか、AdWords 広告費が 1 か月あたり 10,000 ドル分助成されます。

Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムのウェブサイトのホームページの画像。

Google for Nonprofits を活用することで、ボランティアや支援者の募集と継続的なコミュニケーション、団体内の情報管理など、様々な形で活動の幅を広げることが可能になります。例えば、産後ケアのプログラムを提供するマドレボニータでは、地方に点在する在宅勤務のスタッフ同士が Google Apps の機能である Google ドライブや Google ハングアウトなどを活用し、効率的な情報共有を実現しています。

Google for Nonprofits は、Techsoup Global およびテックスープ ジャパンとのパートナーシップによって提供されます。より具体的な申し込み方法や利用資格については、こちらをご覧ください。たくさんの方からのお申し込みをお待ちしています。

*内閣府による平成23年度世論調査 「社会への貢献意識」より