メインページに戻る
Japan Blog

サステナビリティ

日本におけるクリーン エネルギーの進展

Google は、2030 年までに Google が運営するすべての送電網を 24 時間 365 日カーボンフリーエネルギーで稼働させるという目標達成を推進するため、新たに 2 件の太陽光発電の電力購入契約を締結したことを発表しました。

Google は本日、2030 年までに Google が運営するすべての送電網を 24 時間 365 日カーボンフリーエネルギーで稼働させるという目標達成を推進するため、新たに 2 件の太陽光発電の電力購入契約(以下、PPA)を締結したことを発表しました。伊藤忠商事株式会社(以下、伊藤忠商事) のパートナーである株式会社クリーンエナジーコネクト(以下、クリーンエナジーコネクト)と自然電力株式会社(以下、自然電力)との PPA は、Google にとって日本で初となる契約であり、合計 60 MW の太陽光発電容量を日本の送電網に新たに追加します。これは、国内のデータセンターをサポートするだけでなく、日本が推進するクリーン エネルギーの取り組みとも一致するものです。

アジア太平洋地域におけるクリーン エネルギー ポートフォリオの拡大

伊藤忠商事のパートナーであるクリーンエナジーコネクトとの PPA では、国内の複数の送電網地域に約 800 の低圧分散型太陽光発電所を構築しています。この斬新な分散型アプローチにより、国内の限られた土地資源の有効活用という大規模太陽光発電プロジェクトにおける課題に対処します。これにより、40 MW のクリーン エネルギーが発電され、日本での Google の事業を支えます。

日本の再生可能エネルギー大手である自然電力との PPA は、千葉県印西市に近年開設したデータセンターと同じ電力網に位置する 20 MW の大規模太陽光発電プロジェクトの開発に焦点を当てています。

本契約により、日本全国のこれらの太陽光発電所で発電された再生可能エネルギーを、関連するエネルギー属性証書(EAC)と共に調達します。これにより、国内での二酸化炭素排出量を大幅に削減します。

サステナブルな未来に向けた共同の取り組み

これらのプロジェクトは、4 年以内に稼働する予定で、日本の持続可能なインフラに約 6 億 9,000 万ドル(約 1,000 億円)を投資するという Google のコミットメントの一環です。

これらの PPA への署名は、日本における脱炭素化の旅の始まりに過ぎません。Google は、日本のクリーンエネルギーへの移行を加速するために、現地のパートナーと協力し、さらに革新的なソリューションを模索することで、国内での取り組みを継続することを目指しています。Google データセンターの詳細については、google.com/datacenters をご覧ください。また、Google のサステナビリティに関する取り組みについては、sustainability.google をご覧ください。