メインページに戻る
Japan Blog

検索

「もしかして」をパワーアップしました!



こんにちは、ソフトウェアエンジニアの大倉です。今回は、新しくなった「もしかして」機能を紹介します。

まず、「もしかして」についてご紹介すると、これはユーザーの皆様から受け取ったキーワードについて「もしかしてこれを入力したかったんじゃないかな?」とGoogleのコンピュータが判断した場合に簡単に訂正できるようにするためのものです。

この「もしかして」は便利だという声をよくいただく機能のひとつですが、Google東京オフィスではより便利にご利用いただくために、新しいインターフェースを模索してきました。
「『もしかして』の使い方が分からない人にも役立てて欲しい」

「より早く目的のページにたどり着いて欲しい」

と、たくさんの議論や実験をしてきました。その結果として、今回新しい形の「もしかして」をリリースしました。

Google 検索結果ページで「もしかして」の機能でできた結果とそのキーワードで最初の2件の結果を示す画像。

新しい「もしかして」では、訂正後のキーワードを今まで通り「もしかして」と表示するとともに、有用と思われる場合には、そのキーワードでの検索結果の最初の2件も表示します。これによって、タイプミスをしてしまった場合でも、クリック1つで目的のページに行くことができるようになります。一方、本当に入力したキーワードで探したい場合でもユーザーの皆様の検索をできるだけ邪魔しないよう、元のキーワードでの検索結果は残しています。

この新しいインターフェースは東京オフィス発の新機能ですが、既に世界中の言語で使えるようになっています。数週間前から徐々に有効にしてきましたが、ひと足早く気づかれた方々にも好意的に受け止めていただいているようです。今後も、日本発の世界の人に役立つような新機能をリリースしていきたいと思っています。ご期待ください。