メインページに戻る
Japan Blog

検索

iGoogle 上でガジェットを最大化して使えるようになりました。



Googleでは検索のホームページとして、シンプルなホームページの他に、自分だけのホームページを作成できるiGoogleを提供しています。iGoogle上でユーザーの皆さんは、自分にあったコンテンツをページにのせたり、またテーマを変更したりすることでページのデザイン全体を変更することができます。

これはこれで便利だったのですが、iGoogle上のガジェットは場所が限られていたため、もっと詳しい情報などを知りたい場合は、iGoogle から離れ、他のページに行く必要がありました。本来、iGoogleはユーザーの皆さんが必要な情報を網羅的に一度に把握できることを意図して開発しました。しかし、ガジェットで表示されている以上の情報にアクセスするには、ガジェットのリンクをクリックして新しいブラウザのタブやウィンドウを開いたりする必要があったり、またそこからiGoogle に戻るのも面倒になるということで、iGoogleでできるだけ完結できるようにしてほしい、というユーザーからのフィードバックもありました。

こういった要望に答えるため、この度日本のユーザーに対してもiGoogle をアップデートし、ひとつひとつのガジェットを画面に最大化し、より多くの情報を得られるようにしました。

iGoogleのサイトでYouTubeのタブでスイカを食べるワンちゃんのビデオを示す画像。

まだすべてのガジェットが最大化対応にはなっていないのですが、今回のローンチに合わせてアップデートしたガジェットを以下に幾つか紹介します。

  • YouTube: 本家YouTubeサイト(http://www.youtube.com/)と同じように、大きな画面で見たり、他の動画もいちどに閲覧できるようになりました。これで暇つぶし用としてiGoogleを使うこともできそうです。
  • 急上昇ワード: ウェブ検索だけでなく、ニュースやブログの検索結果を併せて載せることで背景について一覧できるようにしました。
  • Gmail: 本家Gmail (http://www.gmail.com/)と同じように、「iGoogle 内で」メールを読んだり、メールを編集して送信できるようになりました。
  • RSS フィードガジェット: RSSを配信しているサイトをガジェットで登録すれば、過去の記事も含めて文章をiGoogle上でみれるようになりました(注: RSS配信元のサイトで閲覧範囲を調整することができます) 。

また、今回のリリースのもう一つの目玉としてGoogleのパートナーガジェットがあります。 パートナーにガジェット作成に協力して頂くことで、iGoogleのガジェットの種類が増え、幅広いユーザーにも使っていただけるにようにしました。 パートナーガジェットも含めたオススメガジェットは以下にありますので、ぜひご覧ください。
http://www.google.co.jp/help/ig/tour/index.html

その他の改良点としては、左側にナビゲーションバーを追加することでよりガジェットにアクセスしやすいようにしたり、Google トークと統合することにより、iGoogle上でチャットができるようにしました。

新しいiGoogle は、できるだけインターネット上の行動を一つの場所で完結できるようにしたいというユーザーの要望のもと、開発されました。まだユーザーがインターネット上でおこなう行動の中でiGoogleがサポートし切れていない部分もあるかと思いますが、今後も改善を重ねて、ユーザーにとってより便利で使いやすいものにしていきたいと思います。

まずはぜひ新しくなったiGoogleを使ってみてください!