メインページに戻る
Japan Blog

検索

歴史も検索!?過去の出来事を調べる「タイムラインツール」登場



みなさんは歴史や人物の生い立ちなどを時系列で調べたいということがありませんか?本日、Google の検索ツールで新たに提供を開始した「タイムラインツール」では、まさにこのようなニーズに応えるべく、年表形式で検索結果を閲覧することができます。

たとえば、スポーツの祭典[オリンピック]の歴史を時系列で見たいという場合には、まず[オリンピック]と検索し、検索結果ページの上部にある「検索ツールを表示」をクリックし、「タイムライン」を選択してください。

検索結果ページで「検索ツールを閉じる」と「タイムライン」の選択を囲って示す画像。

すると、年表および、オリンピックに関する検索結果が時系列順に表示されます。

検索結果が時系列順に表示されることを示す画像。

棒グラフが高く伸びている箇所は、重要なイベントがあった時期です。たとえば、オリンピック(ここでは特に「近代オリンピック競技」と分類されるものが検索結果に出ています)が 1896 年に初めて開催され、4 年ごとに定期的に開催されている、ということが一目瞭然です。

このグラフの一部をクリックすることで、期間を絞り込むことができます。

グラフの一部の期間を絞り込むことを示す画像。

1964 年のひときわ大きな山は、東京オリンピックです。

さらに、目的の事柄が最初に表示される日付の範囲に入っていない場合や、さらに細かく絞り込みたい場合には、グラフの上にある「日付範囲を変更」のリンクから、検索の対象とする日付範囲を自由に指定できます。「1999年」、「2005/8」、「紀元前800年」などのように入力してください。

グラフの上の「日付範囲を変更」の選択を囲って示す画像。

すると、紀元前 800 年ごろに、「古代オリンピック」、いわゆる現在我々が見ているオリンピックの源流となった、ギリシャの競技会が開催されていたという記述が見つかります。

開始日は紀元前 800 年で、終了日は西歴299までにして「オリンピック」を検索した検索結果ページの画像。

このツールを使えば、歴史上の事件がいつ起きたのか一目瞭然です。たとえば、[タイタニック]の沈没事故が 1912 年 4 月に起きたことや、映画が 1997 年公開ということがわかります。また、アインシュタインが[相対性理論]を発表したのは、1905 年だということや、ローマ帝国の将[カエサル]が紀元前 100 年に生まれ、紀元前 44 年 3 月 15 日に有名な「ブルータスよ、お前もか!」の言葉を残して暗殺されたこともわかります。

Google のミッションは「世界中の情報を整理し、アクセスできるようにすること」です。タイムラインは、まさに年表という見やすくてわかりやすい形式で過去から現在までの情報を時系列に整理し、アクセスできるツールです。ぜひ、Google の新しい検索ツールと共に歴史探索を楽しんでください。