メインページに戻る
Japan Blog

検索

冬季大会でもっとも検索された選手は・・・



世界中のアスリートたちが、熱い戦いを繰り広げたバンクーバーオリンピックが幕を閉じました。この2週間、世界中でアスリートを応援していた何百万もの人たちは、「オリンピック」について、様々な言語で、様々な情報を検索していたようです。オリンピックに関する検索トレンドの一部をのぞいてみましょう。

日本は、スピードスケートやフィギュアスケートで銀メダルと銅メダルを計5個獲得しましたが、これらの競技が行われた日に、特に関心が高くなったようです。また、8位に入賞したカーリングのチーム青森や、チームメンバーである本橋麻里選手、さらに、服装の乱れが話題になったハーフパイプの國母和宏選手も検索数が多かった選手でした。時系列では、テレビの影響がはっきりと示されています。1日の最初のピークは競技の実際の時間に対応しており、夜に、2回目のより大きなピークがやってきています。

また、国内でもっとも検索された選手は下記の通りです。

  1. 浅田真央 フィギュアスケート
  2. 國母和宏 スノーボード
  3. 高橋大輔 フィギュアスケート
  4. 上村愛子 フリースタイルスキー
  5. 安藤美姫 フィギュアスケート
  6. 本橋麻里 カーリング
  7. 里谷多英 フリースタイルスキー
  8. 織田信成 フィギュアスケート
  9. 高木美帆 スピードスケート
  10. 鈴木明子 フィギュアスケート

さらに、世界で最も多く検索された金メダリストは、以下の選手でした。

  1. Shaun White (ショーン・ホワイト 米国 男子ハーフパイプ)
  2. 김연아 (キム・ヨナ 韓国 女子フィギュアスケート)
  3. Lindsey Vonn (リンゼイ・ボン 米国 アルペンスキーの女子滑降)
  4. Sven Kramer (スベン・クラマー オランダ 男子5000mスピードスケート)
  5. Evan Lysacek (エヴァン・ライサチェック 米国 男子フィギュアスケート)

それでは、次回はロンドンでお会いしましょう。