メインページに戻る
Japan Blog

検索

気に入ったページに 「+1」 日本でも始まりました



今年 3 月から、google.com の検索結果に 「+1 」ボタンを表示してきましたが、本日より、日本語を含む43 の言語で、+1 ボタンが検索結果に表示されるようになります。

+1 ボタンは、とてもシンプルなアイディアを体現した機能です。「いい!」と思うウェブページに出会ったら、「+1 」ボタンをワンクリックするだけで、その評価を友人や知り合い、広く世界のユーザーと共有することができます。同じように、あなたが検索している時に、関連性が高ければ、友人や知り合いの 「+1」 が表示されるかもしれません。

たとえば、今年は暑くなりそうなので、夏休みは北海道に旅行しようと情報を探しているとします。検索結果に表示された湖畔のロッジを紹介しているページに、たとえばあなたの友人が+1 していたとしたら、それが検索結果に一緒に表示され、友達がおすすめしていることが一目でわかります。もし、あなたの友達にバリスタやコーヒー好きがいなくても、世界中の人がどれくらい +1 したのかが検索結果に表示されれば、サイトを選ぶときの手助けになります。

+1 はこんな感じで、検索結果に表示されます。

Google 検索で検索結果に「+1」を示す画面の画像。

+1 の便利な点は、関連性の高さにあります。友人や知り合い等、あなたにとって大切な人からのおすすめ情報が、情報を検索しているまさにその時に、検索結果に表示されます。つまり、「適切な相手」から、「適切なタイミング」で、さらに「適切な方法」でオススメが表示されます。

Google は、意味のある「+1」 を表示するために、ソーシャル検索と同じように、たとえば、Gmail のチャットリストやMy コンタクトグループ等の情報を始めとした様々なシグナルを用いています。もし、だれとどのようにつながっているのかを確認したい時には、Google ダッシュボード から「ソーシャル コネクションとソーシャル コンテンツ」のセクションをご確認ください。

「+1」したものは、すべて公開情報として扱われます。アノテーションに表示される名前は、Google プロフィール に設定したものが表示され、名前付きのアノテーションは、ソーシャルサークル内にいる相手にのみ表示されます。

今回の+1 リリースに際し、下記のようなニュースサイト、ショッピングサイトやポータルサイトでも+1 ボタンの設置が予定されています。お気に入りの記事や商品のそばに+1 ボタンを見かけたら、ぜひクリックしてみてください。+1 は順次、表示されるようになります。

ASCII.jp、はてなブックマークニュース、イザ!、Impress Watch、時事ドットコム、マイコミジャーナル、PC Online、スポニチアネックス、TechCrunch Japan、YOMIURI ONLINE、47NEWS、東急ハンズ、Ameba、BIGLOBE、goo、JUGEM、Livedoor ブログ、魔法のiらんど、楽天ブログ、tenki.jp、Yaplog!

+1 ボタンは、個人の方でもサイト上に設置可能です。設置方法詳細については、こちらをご覧ください。いいなと思うページに出会ったら、ぜひ +1 してみてください。このブログポストも、ぜひ、よろしくお願いします。