メインページに戻る
Japan Blog

検索

検索トラフィック解析でマルウェアからユーザーを守る



インターネットは極めて便利に活用できますが、悪用する人も少なくありません。Google ではユーザーの皆さんが安心して情報にアクセスできるようにすることをミッションとしており、ユーザーをマルウェア(悪意あるソフトウェア)から守ることに努めています。

最近、データセンターの定期保守を行っている際に、異常な検索トラフィックを検出しました。異常トラフィックの送り元である何社かのセキュリティー担当者と協力し、この振舞いをするコンピューターは、特定のマルウェアに感染しているという結論にいたりました。

その結果、昨日から、パソコンがマルウェアに感染していると思われる一部のユーザーに対して Google ウェブ検索結果の上部に「マルウェア検出に関する通知」が表示されるようになりました。日本においても通知が表示されることがありますので、ご注意ください。

Google ウェブ検索結果の上部に「マルウェア検出に関する通知」を示す画面の画像。

このマルウェアに感染しているパソコンでGoogle 検索をすると、直接、Google と通信するのではなく、特定のプロキシサーバを通して通信しています。検索トラフィックの送信元が特定のプロキシサーバになっている場合は、高い確率でパソコンがマルウェアに感染していると判定され、上記の通知が表示されます。通知が表示された方は、リンクをクリックしてから手順に従ってマルウェアを削除してください。

通知が表示されないユーザーでもヘルプセンターの記事からマルウェアの削除手順を確認することができます。ぜひご確認ください。