メインページに戻る
Japan Blog

検索

2012 年 夏季大会 もっとも検索された選手は?



世界中のアスリートたちが、熱い戦いを繰り広げたロンドンオリンピックが幕を閉じました。この約 2 週間、寝不足になった方たちも多いかもしれません。

Google では、本日オリンピック期間中にもっとも検索された競技名、選手名を発表いたします。どんな競技、どんな選手がランクインしたか、ご覧ください。


競技名

  1. サッカー
  2. バドミントン
  3. レスリング
  4. 柔道
  5. 水泳
  6. ボクシング
  7. テニス
  8. 体操
  9. バレーボール
  10. マラソン

選手名(男子)

  1. 内村 航平(体操)
  2. 吉田 麻也(サッカー)
  3. 大津 祐樹(サッカー)
  4. 室伏 広治(ハンマー投げ)
  5. 入江 陵介(水泳)
  6. 村田 諒太(ボクシング)
  7. 法華津 寛(馬術)
  8. 立石 諒(水泳)
  9. 太田 雄貴(フェンシング)
  10. 松田 丈志(水泳)

選手名(女子)

  1. 鈴木 聡美(水泳)
  2. 木村 沙織(バレーボール)
  3. 吉田 沙保里(レスリング)
  4. 伊調 馨(レスリング)
  5. 大友 愛(バレーボール)
  6. 石川 佳純(卓球)
  7. 藤井 瑞希(バドミントン)
  8. 木村 文子(陸上)
  9. 江畑 幸子(バレーボール)
  10. 浜口 京子(レスリング)

[ オリンピック ] というキーワードは、大会開始直後に検索ボリュームが増え、その後、男女競泳メドレーリレーがメダルを獲得した8 月 4 日頃、卓球女子団体が銀メダルを獲得、男子サッカー メキシコ戦に敗れた8 月 7 日に検索が増えていることが分かります。