メインページに戻る
Japan Blog

検索

Google 検索のナレッジグラフとナレッジパネルとは



Google 検索では、人物や場所、モノに関する情報を含む特別なボックスが表示されることがあります。Google は、これを「ナレッジパネル」と呼んでいます。ナレッジパネルは、検索された人物、場所、モノに関する主な事実を表示することでそれについてすばやく理解し、トピックに関する情報を簡単に調べられるように設計されています。ナレッジパネルの情報は、まるで巨大なバーチャル百科事典のような「ナレッジグラフ」に基づいています。このブログでは、ナレッジパネルがどのように自動生成されているか、ナレッジグラフのデータをどのように収集しているか、誤った情報をどのようにモニターおよび対処しているかについて詳しくご説明します。

ナレッジパネルとは

デスクトップで検索した時に、素早く確認しやすい検索結果の右側に表示される(以下、赤枠で囲まれた)部分を「ナレッジパネル」と呼んでいます。

検索結果とナレッジパネルを示す画面の画像。

Google のシステムは、検索されたトピックに最も関連性のある一般的な情報をナレッジパネル内に表示するように設計されています。トピックはそれぞれ異なるため、ナレッジパネルに表示される内容は同一ではありませんが、通常は以下が含まれます。

  • トピックのタイトルと要約
  • トピックに関するより長い説明
  • 人、場所、モノの写真
  • 主要な事実(著名人の場合には生年月日、モノの場合には所在地など)
  • ソーシャル プロフィールや公式ウェブサイトへのリンク

ナレッジパネルには、特定のトピックに関連する特別な情報が含まれる場合もあります。以下はその例です。

  • ミュージシャンの場合は、曲が表示されることがあります。
  • スポーツチームの場合には、所属選手が表示される場合があります。

ナレッジグラフの情報源

ナレッジパネルの「エンティティ(実在する物事)」に関する情報は、2012 年にリリースされたナレッジグラフに基づいています。これは、ウェブ全体で共有されているデータ、オープンソース データベース、ライセンスされたデータベースから、エンティティに関する事実と情報を識別するシステムです。ナレッジグラフには、約 50 億のエンティティに関する 5,000 億を超える事実が蓄積されています。

広く引用される情報源はウィキペディアですが、それ以外にも音楽、スポーツ、テレビに関する情報ではライセンスデータを参照するなど、ウェブ全体で数百のソースからナレッジグラフは構成されています。加えて、開催が予定されているイベントなどでは、コンテンツの管理者が活用できるマークアップという特別なコーディングを元に情報を抽出しています。

モバイルでは複数のナレッジパネルによって事実を表示

ナレッジパネルを提供開始した頃はデスクトップでの検索が主流であったため、ナレッジパネルを検索結果の横に表示できました。現在、ほとんどの検索がモバイル端末で行われており、モバイルの画面サイズでは横ならびに表示することができません。

このため、モバイルではナレッジグラフの情報が単一のナレッジパネルに表れるのではなく、複数のナレッジパネルが検索結果画面上で分割されて表示される場合があります

モバイル上の複数のナレッジパネルを示す画面の画像。

ナレッジグラフを改善するための取り組み

ナレッジグラフでは、事実を収集するための自動システムのほかに、不正確な情報が表示されないように設計した自動システムもあわせて運用しています。ただし、システムは完璧ではありません。まれにナレッジグラフで不正確な情報が表示されることがあります。そのような場合のために、誰でも Google に問題を知らせることができるようにしています。

ナレッジパネルの下部にある「フィードバック」リンク、またはモバイル検索の上部にある 3 つのドットを選択すると、フィードバックを提供するオプションが表示されます。

ナレッジパネルの「フィードバック」機能を示す画面の画像。

Google はそうしたフィードバックを分析し、不正確な情報がどのようにシステムを通過したかを理解することで、ナレッジグラフ全体の改善に努めています。また、特に法律、医療、科学、歴史などの公益性の高いトピックに関する問題や、深刻かつ緊急性が高い問題などに関して、ポリシー違反が明らかな不正確な事実を削除しています。

ナレッジパネルに表示される情報の変更をリクエストおよび提案する方法

たとえば人物や企業など、そのエンティティを管理・代表する方は、対象のナレッジパネルに対し変更を提案することができます。Google の認証を受けることで、情報修正やメイン画像の変更の提案などが可能です。なお、ローカルビジネスの皆さん向けには、Google マイビジネスをご用意していますので、こちらをご活用下さい。Google マイビジネスでは、ナレッジパネル内に表示される営業時間や電話番号などを管理できます。

Google の検索に関する詳細は、Google 検索の仕組みのページでもご紹介していますので、ぜひご覧ください。