メインページに戻る
Japan Blog

Google Cloud

Google Miniの最新版がリリースされました!



Google Mini の製品画像。

さらに機能を充実させた Google Mini の最新版をリリースしました。従来よりお客様のご要望が多かった「企業向け OneBox」と「ドキュメント単位のセキュリティシステムとの統合」をはじめ、これまで Google Mini にはなかった機能を新たに追加しました。今回は、その機能の中からいくつかをご紹介したいと思います。

今回のリリースで特にハイライトしたい点は、「Reach リーチ」と「Security セキュリティ」の拡張です。これは「Google Mini をお使いいただくお客様社内における全ての情報を整理し、適切なユーザが、認可されたデータにアクセスできて、使えるようにすること」を目的としており、Google エンタープライズのミッションに沿ったかたちでのリリースであることをご理解頂けるところかと思います。

「企業向け OneBox」機能で「Reach リーチ」を強化

情報の形態、情報の格納場所を問わず、全ての情報にアクセスできるということに、また一歩近づきました。もともと、HTML や Office ファイル等、220以上のファイル形式がサポートされ、それらのファイルがウェブサーバやファイルサーバに格納されていれば、全てが検索対象でした。これに加えて、「企業向け OneBox」機能により、CRM や ERP などの企業アプリケーションサーバや Salesforce.com 等のサービスの中に格納されている情報にもアクセスできるようになりました。ユーザは情報が何処にあるということを意識せず、一つの検索ボックスから、より簡単に情報検索をすることが可能になります。

Google Mini で会社の情報検索できるページを示す画像。

「ドキュメント単位のセキュリティ システムとの統合」機能で「Security セキュリティ」を強化

企業情報には様々な機密情報が含まれており、それら情報の中には、適切に認可されたユーザのみがアクセスできるよう設定したいというニーズは、どんな企業体、企業規模であっても共通要件です。「ドキュメント単位のセキュリティシステムとの統合」で、一般的に普及している業界標準の認証方式をサポートすることにより、より安全に的確な検索を提供することができるようになりました。ユーザー ID とパスワードで保護されているドキュメントについては、あらかじめアクセス権限を与えられているユーザーだけが検索できるようになりました。

また、2つのハイライトのほかにも、「レポート機能」、「Google Analytics との統合」などの新しい機能が追加され、サイトへの訪問ユーザーの検索動向を分析し、その結果をダイレクトにサイトマップに反映させるなど、さらに検索ヒット率を向上させる、貴社サイトのユーザーに役立つ機能も強化されています。

この機会に、さらなる進化を遂げた Google Mini を貴社の情報検索にご活用下さい。Google Mini および Google 検索アプライアンスに関して質問などございましたら、こちらからお問い合わせください。