メインページに戻る
Japan Blog

Google Cloud

Google Apps が 正式版 になりました



これまで、「なぜ多くの Google サービスは、永遠のベータ版 ( perpetual beta ) のように見えるのか」 という質問をしばしば頂いてきました。例えば、Gmail にはリリースから 5 年間以上 「beta」 のロゴがついていました。これは、「beta 版はまだ開発途上で、本格的には使えない」 という伝統的な beta の定義を支持するユーザーの皆様を混乱させてしまう状態でした。

このたび、Gmail、Google カレンダー、Google ドキュメント、Google トーク (いずれもエンタープライズ版およびコンシューマ版) が正式版となりました。「beta」 の文字は製品のロゴから削除されますが、そのロゴの有無に関わらず、これからも製品の改善は続けていきます。

Gmail のロゴがあって、「by Google」と「Beta」 と書いてあるイラスト画像。

最後に、やっぱり 「beta」 の文字がお好きな方へのお知らせです。Google Apps のbeta 版卒業 に合わせて、Gmail では Gmail Labs で beta の文字を復活させる機能をリリースしました。「ベータ版のロゴに戻す」機能を有効にすれば、見慣れた「beta」 付きのロゴが引き続きご利用いただけます。

「ベータ版のロゴに戻す」機能を有効にするか無効するかの設定画面の画像。