メインページに戻る
Japan Blog

Google Cloud

Google ドライブを使って、何でも保存、共有しよう



本日、全てのファイルを安心して保存、共有できるGoogle ドライブを発表しました。Google ドライブを使えば、ファイルの作成や共同作業がより簡単にできるので、例えば、大学の友達との調査プロジェクトや、結婚式の計画から生活費の管理まで活用できます。パソコンや携帯に保存しているビデオや写真、Google ドキュメント や PDF などすべてのファイルをアップロードして共有できるのです。Google ドキュメント が進化したGoogle ドライブによりあなたのクラウド生活は大きく変わるでしょう。

デスクトップ版、ウェッブ版、スマホ版のGoogle ドライブの画面を示す画像。

コラボレーション

Google ドライブでは、Google ドキュメントがそのままお使いいただけます。PDF、写真、動画でも、コメントの追加や、コメントの返信がGmail を通じて通知され、共有した相手とリアルタイムで編集ができます。


どこからでも自由にアクセス

Google ドライブはあらゆるファイルをクラウド上に保管されているので、自宅、オフィス、外出先でもあらゆるデバイスから簡単に全てのファイルにアクセスできます。サービスを利用開始するには、ドライブをパソコンにインストールするか、Android 搭載端末に Google ドライブ アプリをインストールしてください。また、iPhone 向けにも、今後、順次対応していきます。


検索機能

一つの場所に全てのファイルを保存した次は、探しているファイルを素早く見つける必要があります。Google ドライブは、ファイルの所有者や種類で自由に検索することができます。

まずは無料で5GB の容量まで使用できますので、旅行の写真をすべて高画質で保存したり、昔の手紙のスキャンや、ビジネス書類を保存しても十分なスペースが残るでしょう。もしそれでも足りない場合には、 25 GB (1 カ月 2.49 ドル)、100 GB (1 カ月 4.99 ドル)、1 TB (1 カ月 49.99 ドル)の容量へとアップグレードできます。また、Google ドライブで有料アカウントへのアップグレードをすると、自動的に Gmail の保存容量が増量 (25 GB)されます。

Google ドライブを紹介する動画。
10:25

Google ドライブは、今ご利用いただいているGoogle のサービスとシームレスに融合できるよう設計されています。Google ドライブ に保存した写真は Google+ で共有できます。今後はGoogle ドライブ に保存したファイルを直接 Gmail に添付できるようにもなる予定です。また、Google ドライブ はオープンソースなプラットフォームとして開発していますので、多くの社外の開発者との共同作業も進めています。これらのアプリを使用することで、例えば、Google ドライブ から直接ファックスを送ったり、Google ドライブ 上でビデオを編集したり、ウェブサイトのモックアップを制作することも可能になります。なお、これらのアプリをインストールするには Chrome ウェブストアからダウンロードしてください。

これからも学校や職場でさらに役立つGoogle ドライブの新機能が登場します。ご期待ください。